【低血糖】/血糖値が 急激に 下がる

血糖値が急激に下がると『低血糖』になり、冷や汗、手足の震え、動悸、めまい、不安感などの症状が現れます、

『低血糖』は、食事前に、体を使いすぎる仕事、空腹時間が長く続いた場合に現れる症状で、高血糖も健康リスクが高いですが、『低血糖』で倒れることもあるので注意しましょう。

医師によると、『低血糖』を良く起こす人は、常に飴玉をもって、甘いものを補給するのが良いといわれています。

血糖値が高く、もうすでに糖尿病になっている人は、「空腹時」「運動後」「飲酒後」に良く『低血糖』を起こすので、必ず、甘いジュースなどでも糖類を補給しましょう。

頭痛が起きるのは、血糖値を上げるホルモン<アドレナリン>の分泌が関係しています。

<アドレナリン>には、血管を収縮させる作用があるため、脳神経系の神経伝達物質であるため、頭の片側がズキズキ痛むことがあります。

症状が進むと、めまいを起こし意識が低下、その場にしゃがみこんだり、意識を失って眠り込むこともあります。

ですので、糖尿病の人は、高血糖とともに『低血糖』とも隣り合わせで、特に病院で処方される薬、インスリン注射などの影響で起きやすいので注意しましょう。

比較的、軽い症状の冷や汗や動悸を感じたら、椅子に座って休憩して甘い缶ジュースなどを飲みましょう。