【カテキン/緑茶】血糖値を下げる

緑茶に含まれている「カテキン」には、強力な抗酸化力、殺菌作用、強力な脂肪燃焼力が含まれており、がん予防改善、血中コレステロール低下、血圧上昇抑制作用、血糖値低下に効果効能があります。

「カテキン」は、お茶の渋み成分の一つでポリフェノールの一。

、紅茶、ウーロン茶、ほうじ茶など、その他のお茶類にも「カテキン」が含まれていますが、緑茶には、「カテキン」が、お茶の中でも一番多く含まれています。、

緑茶に含まれているポリフェノールには、ビタミンEの約11倍、ビタミンCの約81倍という圧倒的に多い含有量で血糖値を下げる効果も強力です。

体の中に発生した活性酸素除去作用も強く、老化防止に大変効果があります。

「カテキン」の脂肪燃焼力は、特に注目されており、緑茶を一日に約4杯以上飲む人は、全然飲まない人に比べて健康的という研究結果があります。

また、緑茶が血糖値を下げる効能があるので、糖尿病を患っている人におすすめのお茶です。

緑茶のカテキン効力を最大限に得るためには、毎回の食事に飲用、又は、緑茶のサプリメントを利用するという方法もあります。

食物繊維入りの粉末状の緑茶サプリもあり、飲み物や料理に混ぜて、手軽で効率的に取ることができます。