「ルイボスティー」で血糖値が下がりました!

「ルイボスティー」を美容と健康のために飲んでいる人は多く、さらに血糖値を下げる効果があり、糖尿病の予防改善に効能が発揮されることは広く知られています。

では、何故、「ルイボスティ―」に血糖値を下げる働きがあるのかをご存知でしょうか?

それは、「ルイボスティー」の中に含まれているミネラルの中の一つ”亜鉛”という成分がポイントです。

”亜鉛”は膵臓の働きを活発にする働きがあり、血糖値を下げるインシュリンの製造を高めます。

血糖値が上がるということは、血液中にあるブドウ糖(グルコース)の数値が正常値より高い数値で、<インシュリン>の働きが低下しているからです。

<インシュリン>は、大変重要なホルモンで、血液中のブドウ糖を各細胞へ運び、取りこむ働きをしています。

細胞に取り込まれたブドウ糖はエネルギーに変えられ、日々、元気に活動できているのもブドウ糖のエネルギー化のおかげです。

つまり、膵臓で作られている<インシュリン>が正常に放出され、上手く機能しているからなのです。

血糖値が高い人は、膵臓で作られるインシュリンの放出が上手くコントロールされず、インシュリンの働きが低下しているために、本来なら細胞に取り込まれるはずのブドウ糖が血液中にとどまったままで、尿と一緒に体外に排出されます。

だから、尿を調べるとブドウ糖の値が高いので糖尿と分かるのです。

「ルイボスティー」そのものに血糖値を下げる働きはありませんが、「ルイボスティー」に含まれている”亜鉛”が膵臓の働きを良くし、<インシュリン>放出を高める働きがあるからなのです。