「ビール酵母」が、【血糖値を下げる】!

「ビール酵母」が【血糖値を下げる】ことをご存知でしょうか?

「ビール酵母」には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、麦の栄養分が豊富に含まれており、その中の【血糖値を下げる成分】が<ミネラル>です。

その名の通り、ビールを作るときに使われ、(麦汁)を発酵させるために使われる菌のことですが、パンを作るときに使われているイースト菌の一種でもあります。

(麦汁)は、時間をかけてゆっくり煮詰められて出来上がるので、麦芽糖エキスと麦の栄養分がたっぷり吸収されています。

酵母の大きさはとても小さく、約10,000分の1で顕微鏡で見ないと、菌の形や大きさを見ることができません。

1ミクロンが1000分の1なので、10ミクロンということになります。

約10ミクロンという極小の「ビール酵母」の形は、図面に描くと楕円形や丸い形をしていて、3Dの立体図形では球形や卵型に表せます。

「ビール酵母」そのものが、麦の栄養分の塊で、細胞の壁や細胞の中には、豊富な栄養成分がぎっしり含まれています。

ですので、【血糖値を下げる】だけでなく、腸の中では、消化機能をサポート、善玉菌を増やし腸内環境を整えるという、大変重要な働きもしています。