「みかん」で【血糖値】が下がりました!

「みかん」は、手軽に食べられる果物で、ビタミンCが豊富なので肌が綺麗になることで知られている果物です。また、最近では、「みかん」が【血糖値】を下げることもわかっています。

【血糖値】を下げる成分は、<βクリプトキサンチン>、カロテノイドの一種です。

「みかん」には、<βクリプトキサンチン>が豊富に含まれており、【血糖値】を下げ、<糖尿病>予防改善に効果があります。

一般的に果物には、糖質が含まれているので、自然な糖質の甘味で美味しく、ついつい食べすぎてしまいますが、食べすぎに注意して食べると生活習慣病予防改善、抗酸化作用で老化防止になり健康増進に効果的です。

「みかん」は、冬の果物ですが、今ではハウスものも多く出回っており、一年中手に入る果物です。

冬には、こたつに入ってテレビを見ながら「みかん」を食べていると、いつの間に5個以上食べてしまったということも少なくありません。

でも、「みかん」を一日に3個以上食べると、食べすぎになり、カロリー過多で逆に【血糖値】が上がる原因になります。

では、「みかん」は一日に何個食べるのが適量なのでしょうか?

中くらいの「みかん」3個分のカロリーが、お茶碗約1杯分のカロリーに相当するので、一日に約3個が適量です。

食べすぎるとカロリ-過多になってしまうので気を付けましょう。。