喘息とはどんなものなのか、放置するとどうなるのか。子供からご年配の方まで無理なくできる喘息改善方法もあります。

喘息とはどんなものなのか、放置するとどうなるのか。子供からご年配の方まで無理なくできる喘息改善方法もあります。
・喘息の症状

喘息の症状は、ただゴホゴホと咳が止まらないだけではありません。喉がヒューヒューと鳴ったり、ゼーゼーと息苦しくなるのも喘息の症状です。特に、運動した後に息苦しくて咳き込む事が多いです。また、夜中に咳き込んで起きてしまったり、朝起きたら喉が苦しくなってゴホゴホと咳き込む事もあります。

それに、咳だけでなくて痰まで吐く事があります。粘りっけがある痰です。こういった症状は、風邪に似ています。風邪の時も咳き込んだり、喉がゼーゼーと音がでます。また、痰もでます。しかし、ただの風邪ならば2~3日で病状はだいぶ良くなります。しかし、喘息の場合は長引き、なかなか治りません。熱は下がったのにおかしいな…と感じたら、喘息の可能性はあります。風邪から喘息になる場合もありますし、喘息持ちの人が風邪を引いて喘息が悪化する事もあります。そのため、咳や痰が長引く場合は医者に相談するようにしましょう。

・喘息の発作

喘息の発作は、大きく分けて3段階あります。まずは軽度の喘息です。咳がゴホゴホと出てしまったり、息をする時にヒューヒューと音がでます。しかし体調は良く、普通の日常生活が送れます。咳をするだけなので、マスクをしてしまえばいいか…ぐらいにしか思いません。

次に中度の喘息です。咳込んだり、ヒューヒューやゼーゼーといった音があります。しかし軽度と違うのは、息苦しさが目立ちます。軽度の場合はちょっと苦しい時があるかな…ぐらいですが、中度になると息苦しくて夜中に起きてしまう事があります。喘息が重度になると、日常生活が送れなくなります。寝込んでいても苦しくなって、なかなか眠りにつきません。そうなると食欲がなくなり、筋肉も弱まっていきます。喘息の発作は徐々に重くなったり、すぐに重くなったりと人によって進行が違います。特に子供だと、すぐに重症化するケースが多いです。

・喘息の原因

喘息の原因は、大人と子供では少し違います。子供の場合は、アレルギーが原因だという可能性が大きいです。例えば、ほこりアレルギーだった場合は、ほこりを吸い込んでしまい気管支が炎症を起こします。すると気管支が異常を感じてしまい、咳や痰で異物を吐き出そうとします。

大人の場合は、アレルギーだという可能性が低くなります。今まではなにも感じなかったものが急にアレルギーを感じる事は少ないですよね?しかし、大人になるとタバコを吸ったり、空気が悪い環境に長時間いるケースがあります。そうなると気管支が刺激されて、喘息になる可能性が出てきます。

また、天気や気圧の変化に敏感になって喘息になる人もいれば、香水などの鼻を刺す香りが原因だという人もいます。いずれにしても、大人の喘息は環境によって引き起こされる場合が多いです。

・喘息を放置する危険性

たまに咳き込むぐらいだからといって喘息を放置するのは危険です。なぜなら、喘息は重症化しやすい病気だからです。喘息を放置すると死に至る場合もありますが、それだけが怖いのではありません。死に至るまでにいかなくても、喘息が重度になると睡眠障害が起こります。そうなると、日中は眠くなってうたた寝が多くなります。しかしうたた寝をしている時も咳き込み、うとうともできない状態になります。

すると居眠り運転で事故を起こしたり、眠ってなくても息苦しくなって運転に集中できません。こういったトラブルや事故を起こしてしまうため、喘息は放置するべきではないんです。放置すると、人を巻き込む事故を起こしてしまうかもしれません。また、家族を悲しませる事もあるのです。運転しない人でも、喘息で息苦しくなれば寝込む事もできません。だから怖いのです。

・喘息を放置すると?

喘息を放置してしまうと、死に至る場合もあります。それは、喘息が息苦しさを感じるからです。風邪で咳が止まらなくなった経験がある人ならば分かるかもしれませんが、咳き込むと息が苦しくなります。そして、腰が曲がって必死な症状になり、周りの人から「大丈夫?」と心配されますよね?。

喘息も同じで、咳き込むと息苦しくなります。そして、呼吸が困難になります。ゼーゼーと胸が上下するぐらいの呼吸困難が重度になると、息さえ吸えなくなって胸が動かなくなり、呼吸が小さくなります。呼吸が小さいのを、ちゃんと息が吸えてると周りの人が誤判断してしまうと、手当てが遅れます。そして命を落としてしまうのです。救急車で運ばれても、必ずしも助かるとは言い切れません。
ガンや脳梗塞などに比べて、喘息はただ咳き込むだけと軽視している人が多いです。そのため、喘息は重症化するまで治療しない人もいます。軽度の時に対処すれば助かる命だったのに…とならないようにしましょう。

・喘息の改善方法

喘息は、小さい子供に起こりやすい病気です。小さい子供の喘息の原因はアレルギーが多いため、少しずつそのアレルギーを克服していくのが改善方法です。例えば、ほこりアレルギーならばお母さんは毎日のように隅々まできれいに掃除し、ほこりが立たない家にしていると思います。しかし、家からでたらほこりがない場所なんてありません。そのため、少しずつ掃除に手を抜いていくというようにアレルギーに慣れされるのが大事です。そうしないと、家から出れない子になってしまいます。

また、お母さんがそこまでアレルギーに敏感にならなくても、喘息は子供が歳を重ねるごとに症状が改善される場合もあります。そのため、喘息だからといってそこまで張りつめなくていいんです。あと、喘息には水泳がいいと言われます。水泳は息を大きく吸う運動なので、気管支が強くなるんだと思います。実際に、喘息だと小児科で言われた私の知り合いは、母親から水泳を無理矢理させられて、喘息が治りました。

また、大人でも炎症で気管支が狭くなっているのが喘息の原因なので、薬で気管支を広げるという方法もあります。しかし、喘息の根本的な改善方法はありません。それでも風邪を引いて喘息を重症化しないようにしたり、ストレスをためない、激しい運動は控えるなどで喘息を進行させないような努力は大事です。

最後に大切な事ですが、喘息の原因である「気道の炎症と気道の狭さ」を改善する根本的な喘息改善法の「川井式喘息改善エクササイズ」を包み隠さずお伝えします。現在までに70000人の喘息患者を救ってきた、やれば効果が得られる確かな方法です。

このエクササイズは「子供からご年配の方まで無理なくできる」のでお子さんの喘息を根本から改善するためにおすすめです。

わずか2日程度で「息を吸いやすい」「声が出しやすい」「楽に呼吸が出来る」などの嬉しい効果が表れ、たった2ヶ月で酷い喘息が特別な道具も、薬も使わずに改善した方法です。

あなたがもし、その方法「川井式喘息改善エクササイズ」を知りたいのなら以下より詳細をご覧下さい。

川井式喘息改善エクササイズの詳細はこちら

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

この記事に「いいね!」しますか?

Category :
(最終更新:2017年7月29日)Leave a Comment0 Comment3696 views

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)