肩こりの原因、仕組み、炎症、血行不良、緊張、運動不足、活性酸素、MSM、解消法(ストレッチ)根本改善!

肩こりの原因、仕組み、炎症、血行不良、緊張、運動不足、活性酸素、MSM、解消法(ストレッチ)根本改善!

肩こりとは

毎日デスクワークをしている人、同じ姿勢を長時間キープしながら仕事をしている人、特に何もしていないのにも関わらずいつも肩に石を乗せているかの様に重く感じたり、筋肉の筋が突っ張っている、少し押したりするだけでびっくりする程肩が痛かったり、まるで肩が石の様に硬く慢性的な頭痛に悩まされている…。そう言った症状をお持ちの方は、慢性的な肩こりの疑いがあると考えられます。肩こりは、あまりに酷い場合には本人に肩がこっていると言う自覚が無い事もあり、長年慢性化した肩こりを放置したまま過ごしていらっしゃる方も珍しくありません。

肩こりが厄介なのは、マッサージを行ったり針やお灸等の治療を行った場合、その治療が効果を発揮した場合には数日間は痛みや重だるさを感じる事なく過ごせるという点です。そうなってしまうと、肩こりを感じた時には再びマッサージ等を行えば、体が楽になれると思い込んでしまう為、肩こりを根本的に治療すると言う考えまで至らず慢性化してしまったり、ますます酷くなってしまうケースもあるのです。

また、肩こりはいつもの事だからと何の対策も行わずにいると、肩こりからくる頭痛や吐き気を伴ったり、体は常に疲労感や微熱を感じる様になる場合があり、やがて思いもしなかった他の病に発展してしまう危険性もあります。たかが肩こりだと甘く見ていると、それがやがて重大な病気に繋がってしまう事も珍しくありませんので、できれば放置せずに早めに肩こりの根本的な治療を行って、病の元を取り除きましょう。

効果塗った直後から実感!
パンパンに張った筋肉が10分後に柔らかく!
ドクターズチョイス PF11

肩こりの仕組み

肩こりとはどんな事が原因で起こってしまうのでしょうか?まず肩こりのメカニズムをちゃんと知る事で、その原因もおのずと解明されます。肩こりの主な原因とは、毎日の生活習慣や姿勢の癖等が関係していると考えられています。肩こりの主な原因は、背中にある僧帽筋やそれに繋がる筋肉が、毎日癖になっている姿勢等により緊張して固まってしまう為、肩こりが発生してしまうのです。それを証拠に肩こりに悩んでいる方は、パソコンを使った仕事等、同じ姿勢で長時間作業をされているケースが大変多いのです。

また、ストレスも肩こりに良くないと言われています。人間はストレスを感じると、筋肉が収縮して血液循環も悪くなりますので、それが原因でも肩こりを発生させてしまうのです。ストレスを感じた場合には、全身の緊張を緩め血行を良くする事が効果的と考えられます。例えば、心身共にリラックスできて全身を温める効果のある温泉に浸かったり、肩を動かす軽い運動やスポーツを積極的に行う様に心掛けましょう。スポーツはストレスも発散できますし、適度な運動が筋肉のストレッチにもなりますので。肩こりが自然と解消されます。

そして、これからの季節に注意したいのが寒さになります。寒さはどうしても体から熱が逃げない様な姿勢を自然と取りたくなってしまう為に、背中が丸まり首が前に出てしまうなど、血液の流れが悪くなってしまい肩こりが発生し易くなってしまいます。寒い季節には、なるべく背中を丸めず背筋を伸ばす様に気を付けましょう。

効果塗った直後から実感!
パンパンに張った筋肉が10分後に柔らかく!
ドクターズチョイス PF11

肩こりと炎症

肩こりには、炎症を伴うものがあるのをご存知でしょうか。炎症を起こすと、患部が赤く腫れ上がってしまう事もありますし、熱を伴う事も珍しくありません。例えば、風邪をひいてしまった場合、普段は全く肩こりが無いはずのに、急に体の節々が痛くなり、肩がこった様に感じる事があります。これが筋肉の発熱による炎症を伴う肩こり症状の一つになります。この様な場合には、慢性的な肩こりとは違い原因は風邪のウイルスになりますので、通常の肩こり対策とは変わってきます。

風邪をひいた時に、何故肩こりを感じるのか?その理由は体の免疫細胞が風邪の菌と戦っているために、痛みの物質が発生して血液と一緒に全身を駆け巡り、発熱や体の節々の痛みとなって現れるのです。風邪が原因の肩こりの場合と考えられる場合には、まずは体を温かくしてゆっくりと睡眠をとりましょう。栄養を取り熱が下がるまで安静にする事が、風邪の回復に繋がりますが、それでも体の節々に痛みを感じたり熱が下がらない場合には、病院で診察を受けて下さい。こう言った場合には、無理にマッサージを行ったり熱があるのに血行を良くしようと熱いお風呂に浸かる事は危険ですし、風邪の症状を悪化させてしまう場合もありますので気を付けましょう。

また、急激に運動したり、重い物を運んだ後等に筋肉が一時的に疲労して肩こりが起こる場合があります。この様な場合にも、筋肉が張ったり熱を持ち、炎症を起こして肩こりの様に筋肉が重だるく感じる事があるのです。これが俗に言う筋肉痛と言った症状になってきます。こういった場合には炎症を起こしている患部を湿布や炎症を抑えるスプレーやクリーム等を使って、筋肉の炎症ををクールダウンさせることがおすすめです。しかし、あまりに清涼感の強いタイプのものですと、肌の弱い方はかぶれてしまう事もありますので、炎症や痛みを抑えるのに有効な成分が配合されているものを選ぶのがポイントになります。

効果塗った直後から実感!
パンパンに張った筋肉が10分後に柔らかく!
ドクターズチョイス PF11

肩こりと血行不良

肩こりは全身の血行不良から起きる事があります。人間が1日のうちに使う筋肉の場所は大体決まっており、その筋肉を繰り返し使いすぎて筋肉疲労を起こすと、乳酸と呼ばれる疲労物質が筋肉に溜まります。例えば腕立て伏せをしていると、やがて筋肉が震えだし肩や腕の筋肉が限界を迎えるのも、乳酸が溜まった事で疲労を感じる現象になります。デスクワークや同じ姿勢での作業を日常的に繰り返している方の場合、肩や背中の筋肉に乳酸が溜まり重だるく感じるだけでなく、血行不良を起こして普段から肩こりの症状が出てしまう様になるのです。つまり、血行不良と肩こりは切っても切り離せない関係にあると言う事がわかります。

運動等で全身の筋肉を使った時や、冷え性や五十肩の方がお風呂に入ると、不思議と筋肉の痛みが解消される場合があると思いますが、これもお風呂に浸かる事で体が温まって一時的に全身の血液循環が良くなった証拠と言えます。血行不良を改善する事は肩こりの解消に繋がりますので、慢性的な肩こりに悩まされている方の場合、普段から全身の血行を良くする対策を行う必要があります。運動、マッサージ、お灸、温湿布、お風呂にゆっくりと浸かる事も対策として有効です。これらの対策の場合、即効性がありますので痛みや重だるさを一時的に解消する方法として向いているかもしれません。

根本的に肩こりを改善したいと言う場合には、食事療法やサプリメントも効果的ですし、筋肉疲労や炎症にに有効な成分をクリーム等で補って、こり固まった筋肉を芯から柔らかくする事が効果的です。また、冷え性の方でしたら温活を積極的に取り入れて、体質改善を行いましょう。肩こりの原因である血行不良は、夜更かしや食生活も乱れ等、普段の生活習慣も大きく影響しますので、心当たりのある方は生活習慣を見直す事から始めてみましょう。

効果塗った直後から実感!
パンパンに張った筋肉が10分後に柔らかく!
ドクターズチョイス PF11

肩こりと緊張

肩こりには緊張が関係していると言われています。その理由として、人は緊張した時に筋肉が硬直すると言う特徴があるからです。例えば、大勢の前で何かを発言しなければならないと言う時や、初対面の人に会う時、試験や面接の前に肩や首が強張っている様な感覚に陥った経験はありませんか?そんな時に、肩や首をぐるぐると回しながら緊張をほぐそうとした事がある方もいらっしゃるかもしれません。それは、肩や首の筋肉が硬直していくのを感じて、無意識のうちに筋肉をほぐしているからと言えるでしょう。

緊張が解ければ、自然と肩の力が抜けて筋肉も緩みますが、常に日常生活でストレスを感じている場合には、筋肉も緊張状態が続いてしまう為に、慢性的な肩こり状態になってしまいます。肩こりにならない為には、やはり普段から筋肉を動かしておき筋肉が硬直するのを防ぐ必要があります。例えば、肩をぐるぐると回したり、デスクワークの方でしたら1時間に一回は両腕を天井に向けて伸ばし体を伸ばすのも効果的です。朝時間のある方でしたら、ラジオ体操を習慣として始めて見るのも全身の緊張を和らげる効果があります。

また、緊張を感じた日には、寝ている時にもストレスを感じてしまう事があり、無意識のうちに歯ぎしりをしてしまうケースも多くあります。歯ぎしりをすると、睡眠中にも関わらず首や肩に力が入ってしまいますので、しっかりと睡眠を取っているつもりでも、目覚めた時になぜか肩がこっていると言う事もあるのです。歯ぎしりを改善する事は、睡眠の質を上げて筋肉の緊張をときほぐし、肩こりの解消にも繋がる場合もあります。歯ぎしりを改善するには、歯医者さんで専用のマウスピースを作って貰うのがおすすめです。マウスピースを作る場合、保険が適用されないケースもありますので、ドラッグストアで購入できるマウスピースを利用してみるのも良いでしょう。

効果塗った直後から実感!
パンパンに張った筋肉が10分後に柔らかく!
ドクターズチョイス PF11

肩こりと運動不足

肩こりは運動不足でも起きやすいと言われています。肩こりには血液の流れをスムーズにして、血行をよくすることが効果的と言われており、運動不足の人は血液循環も滞っている事から、同時に肩もこりやすいと言われているのです。肩こりを解消する為には、まず簡単な運動から始めてみると良いでしょう。肩こりは首から背中にかけての筋肉が強張り固くなる事がきっかけで発生するケースが大変多く、上半身を大きく使う運動が筋肉を柔らかくする効果があると考えられます。バレーボール、テニス、バトミントンと言ったスポーツも肩こりの改善に良いとされていますが、毎日首を上下左右に倒したり、首を左右にぐるりと回す簡単な運動でも、十分運動不足を解消するのに効果的かと思います。

肩こりを改善するには、まずは無理の無い簡単な運動から継続して行い、筋肉が固まらない様にする事が大切です。いざ運動しようと思っても、普段運動しなれていない方は逆に筋肉を痛めてしまう場合もありますので、空いた時間を利用して簡単な準備運動を兼ねたストレッチから始めてみるのもおすすめです。ストレッチのポイントとしては、普段癖になっている姿勢とは逆の動きを意識する事です。仕事で毎日前傾姿勢になっている方でしたら、逆の方向に体を反らせる様にしたり、体を左右にひねったりと、肩や首に繋がる筋肉を普段動かしている方向と逆にしっかりと伸ばして、筋肉に柔軟性を持たせます。じわりと汗をかく程度に体全体が温まったのを感じたら、本格的に体を動かして運動不足解消に努めましょう。

効果塗った直後から実感!
パンパンに張った筋肉が10分後に柔らかく!
ドクターズチョイス PF11

肩こりと活性酸素

最近は、雑誌やインターネット、テレビ等、メディアでも「活性酸素」と言う言葉を耳にする機会も多いと思いますが、この活性酸素と肩こりは密接な関係にあると言われています。まず活性酸素とは、簡単に言うと体内でエネルギーが使われた時に使われた酸素の一部が、体に有害な毒素として発生したものになります。そして活性酸素が発生する事で体に様々な影響を与える言われており、この活性酸素が体に蓄積される事は肩こりのみならず、シミやシワ、倦怠感等、様々な病の原因を生み出してしまうのです。活性酸素は蓄積される前に速やかに除去する事が、肩こり解消のみならず健康や美容にも繋がって行くでしょう。

活性酸素を除去する方法は幾つかありますが、最近ではサプリメントや水素水が人気となっています。特に水素水は活性酸素の除去効果も高いと言われており、沢山のメーカーから高濃度の水素水が販売されています。お値段や効果も様々ですが、大切なのは継続して飲み続ける事になります。また、肩こりが酷い場合には、直接患部に塗って活性酸素を取り除くクリームも販売されています。水素水が体の内側から活性酸素を除去する効果があるとすれば、クリームは肩こりの酷い部分に直接塗り込む事ができますので、活性酸素除去効果も高いと言えるでしょう。

肩こりがなかなか運動やマッサージでも解消されないという場合には、活性酸素が体全体に蓄積している事が原因かもしれません。最近体の調子が悪く疲れやすいと言う方は、活性酸素を除去する効果の高いクリーム等を使い、肩こりの原因を元から取り除きましょう。

効果塗った直後から実感!
パンパンに張った筋肉が10分後に柔らかく!
ドクターズチョイス PF11

MSM(メチルサルフォニルメタン)という成分

最近注目の、MSM(メチルサルフォニルメタン)と言う成分をご存知でしょうか?この成分には花粉症の症状緩和や、関節痛を軽減したり、抗炎症作用、筋弛緩作用、血管拡張作用があり、健康や美容等様々な分野から期待されている成分になります。MSMは主に穀物、牛乳、緑黄色野菜にも含まれており、松の木、針葉樹と言った天然成分からも抽出する事ができるのです。MSMは有機イオウ成分と言って安全性も高く、副作用も確認されていない事からMSMを配合したサプリメントも人気となっています。

サプリメントとして服用した場合の主な効能として、鎮痛作用や炎症の軽減を始め、アレルギー症状の緩和、関節の破壊を制御、膀胱炎の予防、爪、皮膚、髪を美しく保つ等、その効果は健康から美容まで大変幅広いので、病気の予防や美容対策として愛飲されている方も多くいらっしゃいます。穀物、牛乳、緑黄色野菜からも摂取できるMSMですが、やはり食物から摂取する場合には含有量も少ない事から、大量に取り入れなければならないと考えられます。また、食物アレルギーをお持ちの方ですと、摂取も難しいと考えられますので、サプリメントで効率的に取り入れるのが良いかと思います。

効果塗った直後から実感!
パンパンに張った筋肉が10分後に柔らかく!
ドクターズチョイス PF11

MSM(メチルサルフォニルメタン)という成分と肩こりの関係

健康、美容と様々な効果を期待できるMSM(メチルサルフォニルメタン)ですが、成分の中に鎮痛作用、抗炎症作用、筋弛緩作用が含まれていますので、肩こり解消にも効果的と言われています。肩こりの原因の一つに、同じ姿勢を繰り返す事で筋肉が固まってしまったり、緊張により筋肉が強張り血行不良になってしまうと考えられていますが、MSMの成分を体内に取り入れる事で、筋肉の緊張をほぐして血行を促す効果を期待できますので、肩こり解消や予防の一貫としてMSMを含むサプリメントやクリーム等を取り入れてみるのもおすすめです。

肩こりの改善策は他にも、運動やストレッチ、マッサージ、温泉等様々な方法がありますが、MSMを配合したサプリメントやクリームを、それらの改善策と並行して利用する事で、肩こりの改善効果もより期待できるかと思います。MSMを配合したサプリメントやクリームには、リウマチや関節痛等の自己免疫疾患の痛みにも効果があると言われており、肩こりと同時に発生し易い、関節痛等に悩んでいる方にもおすすめの成分と言えるでしょう。

効果塗った直後から実感!
パンパンに張った筋肉が10分後に柔らかく!
ドクターズチョイス PF11

PF11で肩こり解消

肩こりと言えば、やはり痛みを伴う場合が多く、その痛みのせいで日常生活が困難になってしまうケースも珍しくありません。そこで、痛み止めを使って肩こりの厄介な症状を解消する方法があります。痛み止めの中でも特に注目なのが「PF11」と言うクリームになります。ドクターズチョイス「PF11」は品質世界No.1を誇る痛み止めクリームとして知られており、11と言う数字が商品名に入っている通り、痛みを解消する11種類の成分を配合して、肩こりを始め関節痛、腰痛、筋肉痛等、様々な筋肉の痛みを根本から解消してくれます。

PF11が痛み止めとして優れている点は、消炎作用、血流促進、痛みの原因解消と言った、様々な痛みに共通する問題を、全てPF11で根本から解決できると言う事です。消炎鎮痛成分やメントールの効果により、患部を冷やしたりする事で、痛みを一時的に麻痺させたり緩和させて誤魔化すのでは、肩こりの根本的な解決策とは言えません。そこで、PF11に含まれるグルコサミン硫酸塩の働きにより関節機能の働きをサポートしたり、MSM(メチルサルフォニルメタン)の働きで、蓄積された活性酸素を除去しながら血行を促して、疲労した筋肉を消炎作用により落ち着かせる効果は、クリームでありながら肩こりの表面的な痛み緩和の範囲に留まらず、筋肉の内部にまで有効成分を浸透させる事が可能なのです。そう言った意味でもPF11のクリームは、ただの痛み止めでは無く肩こりの根治を目的とした効果も大きく期待できるのです。

効果塗った直後から実感!
パンパンに張った筋肉が10分後に柔らかく!
ドクターズチョイス PF11

肩こり解消法(ストレッチ)

肩こりを解消する為には、ストレッチを行うのが効果的です。ストレッチは一時的に患部の血行を良くして、筋肉の痛みや重だるさを軽減するマッサージ等とは違い、筋肉をゆっくりと伸び縮みさせる事で、肩こりの根本的な原因である僧帽筋の歪みを真っ直ぐにしたり、筋肉を伸ばして血液の流れをスムーズにして、肩こりの予防としても効果を発揮してくれます。ストレッチは自宅で気軽に行えますので、運動が苦手と言う方でも気軽に始められますし、心身共にリラックスした状態で行う事が、肩こりの原因である筋肉の緊張を緩めるのに大変有効と考えられています。

ストレッチの中でも簡単で肩こりにぴったりの方法ですと、固まりやすい肩甲骨の筋肉をほぐして緊張を和らげる「肩甲骨剥がし」と言うストレッチがあります。肩甲骨剥がしと聞くと、なんだか痛そうに感じてゾッとしてしまいますが、実際やってみるととても気持ちが良く、肩や背中の筋肉が軽くなって楽になると言われています。肩甲骨剥がしのやり方はとても簡単ですので、自分で肩甲骨剥がしを実践して肩こりを解消してみましょう。

まず、両手の指先を肩に付ける様にして肩を前と後ろに5回ずつ大きく、ぐるぐると回します。この時に肩の筋肉が固まっていると、ゴリゴリと音がするかと思います。次に、腰に手をあててゆっくり息を吸いながら肩を思い切り上げましょう、次に息をゆっくり吐きながら力を抜き、肩を下げます。このストレッチだけでも、肩甲骨の凝り固まった筋肉がほぐされて柔軟になり、肩こりが解消されていきます。

効果塗った直後から実感!
パンパンに張った筋肉が10分後に柔らかく!
ドクターズチョイス PF11

肩こり根本改善

肩こりを根本的に改善するには、普段からの姿勢に気を付ける事が大切になってきます。普段の生活習慣により肩こりが発生するケースが大変多い事が分かっていますが。長時間猫背で作業しないように気を付けるのは勿論ですが、適度な運動を普段から心がける事や、しっかりとお風呂に入り筋肉を温める事も肩こりの根本改善として習慣化していきましょう。また、ストレスを溜め込む事も血行不良の原因になりますので、肩こりに良いと言われる運動等、体を動かしながらストレスを発散できる方法を実践してみましょう。

それでもどうしても肩こりが改善されないと言う場合には、体の歪みが原因と言う場合もあります。幼い頃から猫背や姿勢を注意されてきたと言う方の中に、慢性的な肩こりや腰痛を患っている方も多くいらっしゃいます。こう言った場合には、根本的な原因となっている体の歪みを根治治療しなければ、肩こりを根本的に改善する事は難しいと考えられますので、肩こりをマッサージ等で誤魔化したく無いと言う方は、病院で正しい治療をされる事をおすすめします。

また、肩こりの根本的な治療にはドクターズチョイス「PF11」を使う事も有効です。例えば、肩こりの原因が体の歪み等によって起きていない場合には、関節炎や筋肉痛、血行不良、慢性的なリウマチと言った筋肉に何かしらの疾患を抱えている事が原因と考えられます。そこで、筋肉の炎症や痛みの根治治療として、ニオイと清涼感が強く肩こりを一時的に緩和する効果のメントールを1%に抑えて、筋肉自体の問題を解決する11の成分を配合し、筋肉の炎症と痛みを芯から取り除くPF11のクリームを継続的に使用する事で、肩こりを解決する事が根本改善に繋がる1番の近道になるでしょう。

ウソでしょ!?驚くほどスゴイ!辛い「肩こり」「腰痛」「筋肉痛」「関節痛」に「ドクターズチョイス PF11」

合計:5,220円
ドクターズチョイス PF11

合計:3,780円 5%OFFで送料無料!!
【定期購入】 ドクターズチョイス PF11

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)