下半身太りの原因とは?誰でも下半身太りを解消できる!

下半身太りの原因とは?誰でも下半身太りを解消できる!

お尻が大きい、太ももが太くて隙間がない、上半身は痩せているのに下半身はしっかりしている…など、『下半身太り』を悩んでいる女性は多いです。下半身太りの改善のために様々な『部分痩せ』ダイエット方法などが存在していますが、下半身太りの根本的な原因は何だかご存じですか?しっかりと原因を知らなければ、たとえ下半身痩せに成功しても、またすぐに戻ってしまうことでしょう。これからお話しする方法で下半身太りを解消した場合、並大抵のことでは『太っていた頃の下半身には戻りません』!その驚きの方法について、これから説明していきたいと思います。

・下半身太りの原因は『大腰筋』の衰え

ダイエットやエクササイズに詳しい方なら、大腰筋という言葉を聞いたことがあると思います。大腰筋とは、『骨盤を正しい位置にする』働きのあるインナーマッスルのことです。つまり、下半身太りの原因は『大腰筋の衰えによって骨盤が歪むこと』なのです。ですから、いくら脂肪燃焼クリームを塗ってマッサージをしたところで、一時的な下半身痩せにしかならないのです。下半身痩せを成功させるには、しっかりと大腰筋を鍛えることが必要不可欠です。
骨盤の歪みに関係する筋肉は大殿筋や小殿筋などたくさんあるのですが、これらはすべて『大腰筋がしっかり機能する』ことで衰えるのを防ぐことが出来ます。ですから、骨盤の歪み解消の最大のポイントは『大腰筋』ということになります。大腰筋は、背もたれのあるイスに浅く座って寄りかかる姿勢を続けていることで、どんどん衰えていってしまいます。

・下半身痩せには『肩甲骨』も重要

大腰筋が衰えて骨盤が歪んだ状態が続いていると、肩甲骨が時計回りに下がってしまいます。骨盤が歪むことで、いわゆる猫背になってしまい、上半身の体重を上半身で支えられなくなってしまうのです。下半身痩せをするには、肩甲骨を正常な位置に戻すことが大切なのです。
肩甲骨が下がっている人は、『僧帽筋上部』『前鋸筋』が衰えて伸びている一方、『肩甲挙筋』『菱形筋』が固く縮んでしまっています。僧帽筋上部は腕を頭より上に上げること、前鋸筋は腕を前に目一杯出すことで鍛えることが出来ます。これらは日常生活で使うことはあまりないので、意識して鍛えることが重要です。

・大腰筋を鍛えるとどのような効果がある?

大腰筋も日常生活ではあまり使うことのない筋肉です。まずは背もたれのあるイスに座るのを控えましょう。これだけでも『衰えを防止する』ことは可能です。
大腰筋を鍛えて骨盤の歪みを解消すると、下半身がスッキリする意外にも様々な嬉しい効果が表れます。まずは肩甲骨が正常の位置に戻り、上半身の体重を支えることが出来るため、たるんでいた背中の筋肉が引き締まります。そのため二の腕のたるみが改善されたり、バストトップの位置が上がってバストアップ出来たりもします。

顔の筋肉と僧帽筋は繋がっているので、僧帽筋が引き締まると自然と顔の筋肉も引き締まり、顔のたるみなども改善されていきます。これらはすべて、元を辿れば『大腰筋』を鍛えることで得られる効果です。と言うより、大腰筋を鍛えることで本来の位置に戻すことが出来ると言うほうが正しいかもしれません。骨盤の歪みを解消して得た下半身は、ちょっとやそっとのことでは元に戻りません。スッキリとした理想の下半身を半永久的に手に入れるためにも、今から大腰筋のエクササイズを始めてみてください。

あと、試してよかった!「下半身」ダイエット。【全額返金保証付】のページにある「運動テスト」をやってみて下さい。骨盤の前後の歪みを調べることが出来ます!

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)