安全性がある扇風機

安全性がある扇風機

ワキガの匂いは、体内から出る匂いだけではありません。
お酒とタバコの匂いも関係しています。

実はお酒に入っているアルコールは、ワキガの匂いを作り出す物質になっているのです。
そのため、お酒が体内に取り込まれると体内で匂いを作ってしまうのです。
さらにその匂いが汗に混じって体外に放出されるので、匂いが強まってしまいます。

また、タバコに入っているニコチンは発汗を促してしまいます。
汗を沢山掻くことは悪いことではないのですが、タバコの匂いも混ざった汗ではワキガの匂いを酷くするだけなのです。

ですからお酒とタバコはなるべく控えなくてはいけません。
しかし、お酒のアルコールはタバコのニコチンに比べと匂いを増加させることはありません。
なので禁酒はしなくても大丈夫です。
ですが、タバコに含まれるニコチンはお酒に含まれるアルコールより、ワキガの匂いを増加させてしまいます。
ですから、できるなら禁煙しましょう。
タバコを辞めることは「ワキガの対策」になるだけではなく、肺癌などのリスクを減らすことにも繋がります。

それから、ワキガの人は運動不足も解消しなくてはいけません。
運動不足は血行を悪くしてしまうからです。
血行が悪くなると汗腺に酸素が行き渡らなくなってしまいます。
酸素が行き渡らなくなった汗腺は血行以外からエネルギーを集めようとして、集めるための乳酸を作ります。
乳酸はアンモニアを分泌させてしまうため、汗が余計に臭くなってしまうのです。
臭くなった汗が脇から排出されてしまえば、余計に匂いが臭くなってしまいます。

運動でワキガが酷くなることはないので、血行を良くするためにも運動をしましょう。

しかし、運動なんて学校の体育の時間くらいでしかやったことがない人もいるでしょう。
あまり運動する機会が取れなかったり、運動をするのが苦手な人は簡単な「ウォーキング」から始めてみましょう。
ウォーキングやジョギングをするだけでも、運動不足は解消することができます。
有酸素運動なので、20分以上続ければ脂肪燃焼の効果も期待できます。
内臓脂肪の多さが原因で内臓が悪くなり、ワキガの匂いが作られてしまっている場合は、それを改善することもできるでしょう。

また水着を持っていて、近くにプールがあればプールに入るのもいいでしょう。
プールは水圧の影響で地面を走るより疲れを感じにくいですし、水圧が体内の老廃物を押し出す役割も買ってくれます。
それに脂肪燃焼の効果も高いです。
温水プールなら夏期以外にも入ることができるので、ワキガを治すための運動として検討してみましょう。

泳げなくてもビートバンが設置されていたり、浮き輪を持ち込める場所もあるので心配無用です。
室内遊具などがあるプールなら、血行をよくする運動の最中でも気晴らしをはかることができます。
気晴らしをはかることができたら、さらに運動する気力も沸くのではないでしょうか。
近所のプールの仕組みを確認してから、必要な物を揃えて向かいましょう。

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

この記事に「いいね!」しますか?

Category :
Tag :
648 views