更年期障害を受け止めて、様々な不調を改善させる

更年期障害を受け止めて、様々な不調を改善させる

更年期は誰でも迎えますが、更年期障害は誰でもなるわけではないので、周囲の理解は得られにくくなっているのが現状のようです。更年期障害は、更年期女性の2~3割でなると言われていますので、決して少なくはなく更年期障害で苦しめられている人も多いと思います。もっと更年期障害についての理解が進み、更年期障害の人に配慮がされていくと良いなと思います。

更年期障害とは

更年期障害は、40~50代の女性に見られる症候群になります。女性の閉経年齢はおよそ50歳くらいと言われていますが、人それぞれなので多少前後はするかと思います。女性は閉経が近付くと卵巣機能が低下していきます。卵巣機能が低下していくと女性ホルモンであるエストロゲンが不足していきます。特にエストラジオールの不足によるホルモンバランスの乱れが生じます。その為に、更年期障害が起こり、様々な不調に見舞われます。個人差はありますが、閉経年齢のおよそ10年前後に多く見られるようです。

更年期障害の症状とは

では、更年期障害にはどのような症状があるのでしょうか。更年期障害は心身共に症状が出る事が多いです。まず身体の不調にはホットフラッシュがあります。ホットフラッシュは突然、身体にほてりやのぼせなどが見られ、大量の汗をかいてしまいます。人によっては夜、寝る前にホットフラッシュがあって、なかなか寝付けなかったりする事も少なくありません。ホットフラッシュは真夏に起こると更年期障害が原因だとは分かりにくかったりします。近年は猛暑続きですから、猛暑でこうなっているのかどうなのか判断がつきにくいのです。それから疲れが取れにくくなったりします。これも真夏にあたると夏バテかな?と思い、まさか更年期障害とは思いもしない場合もあります。他に現れる症状としては、目眩、耳鳴り、多汗、頭痛、肩凝り、不眠、腹痛、微熱、頻脈、月経周期の乱れ、月経量の変化、手脚の痺れなどがあります。自律神経失調症に似たような症状もあるので、更年期障害とは診断されずに自律神経失調症と誤診されてしまう場合もあります。

精神症状としては、イライラしたり、抑うつになったり、ヒステリーを起こしたり、不安にかられたりする事があります。人によっては以前なら何ともなかったような些細な事で怒ったりヒステリーになってしまう事もあり、周りの人との関係が悪化してしまう事もあります。また何もやる気が起きなくなって、仕事や家事などにも力が入らなくなってしまう事もあり、日常生活に支障をきたしてしまう事も少なくありません。また周りの理解を得られないと、性格が悪くなったと思われたり、怠けていると思われたり不利な事もあります。更年期障害は人それぞれ症状も違いますし、程度も差があるので誤解をされやすい症候群でもあります。

どこの病院に行けば良いか

自分が更年期障害かな?と思ったらまず病院に行って医師の診断を仰ぐ事が大切です。病院は婦人科が良いでしょう。もしくは更年期外来があればそちらでも良いでしょう。更年期障害も珍しいものではないですので、婦人科に通院している方も沢山います。更年期障害は血液検査でホルモンを調べる事で診断がつけられます。病院によっては骨粗鬆症の検査をしたりその他の検査をする事もあるかと思います。血液検査でホルモンを調べれば閉経しているかどうかなども分かりますので確実です。

更年期障害の治療法とは

更年期障害と診断されたら治療に入る事となります。では、更年期障害の治療法にはどんなものがあるのでしょうか。まず、ホルモン療法があります。飲み薬や貼り薬などで不足しているホルモンを補充するホルモン補充療法です。それから漢方薬を飲んだり、プラセンタ療法もあります。漢方薬はゆっくり更年期障害の症状を抑えていく感じになります。プラセンタ療法は注射による治療になります。治療法が複数あるので、合わなければ別の治療法に変える事も可能です。また骨粗鬆症や高脂血症になりやすくもなるのでそちらの方も注意する必要があります。

若年性更年期障害もある

更年期障害というと40~50代の人がなりますが、中には20~30代のうちから更年期障害のような症状が出てしまう人もいます。この場合は若年性更年期障害になります。若い女性の間では、月経不順があったり月経が止まってしまったりする人もいます。1年以上無月経になると、閉経と言われています。43歳以前で閉経してしまう事を早発閉経と言いますが、早発閉経になるケースはそんなには多くないので、ほとんどはストレスなどが原因で月経が止まっている事も多いようです。若年性更年期障害の場合もホルモン療法などの治療を行うと共に生活習慣の見直しや過度なダイエットを中止したり、ストレスを溜めない事も重要になってきます。

男性にもある更年期障害

更年期障害は女性がなるものというイメージがありますが、実は男性でも更年期障害になる場合があります。多くは40歳を過ぎた男性に見られます。男性の更年期障害は年齢と共に低下する男性ホルモンが原因となります。男性の更年期障害の症状として現れるのは、疲れやすい、体力の低下、頭痛、イライラ、筋力の低下、頻尿、不眠、うつ、不安を感じる、精力減退、EDなどがあります。ストレスを溜めない事も更年期障害の改善の為には良いようです。ですが40歳以降の男性にとっては仕事での責任も重くなっているところだと思います。なかなか休みも取れないかもしれませんが、気分転換をはかる事も更年期障害の改善の為には良いと思います。

 

 

 

 

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)