甲状腺機能が低下する橋本病を発症するうちの94%は女性である

甲状腺機能が低下する橋本病を発症するうちの94%は女性である

甲状腺機能が低下する橋本病

自己免疫疾患である橋本病は、甲状腺機能が低下してしまう病気です。甲状腺疾患には女性が多くかかる事が知られていますが、特に橋本病を発症するうちの94%が女性なので、男性は6%と非常に少ないです。甲状腺が正常に機能してこそ私達は健康な毎日を送る事が出来ますが、では橋本病により甲状腺機能が低下してしまうとどのような症状が現れてしまうのでしょうか。

橋本病の症状とは

橋本病になっても人によって生じる症状は様々ですが、代表的な症状についてあげてみたいと思います。まず橋本病になると、寒がりになってしまう事が多いです。冬はもちろん、夏でも寒くなりますから、職場のエアコンなどが辛くなる人も多くなります。そういった時は厚着をしたり、膝掛けをしたりして対処しましょう。寒がりになると動くのも億劫になってしまう人も多いようです。そして浮腫が生じます。この浮腫が悩みとなってしまう人も多いです。女性に多い病気ですから、美意識が高い人程、治らない浮腫は尚更気になって仕方ないと思います。これまで履いていた服が入らなくなって来たり、靴下を脱ぐと靴下の跡が付いていたり、靴がきつくなった事によりおかしいなと気付く人も多いかもしれません。それから無気力になって何もやる気が起きなくなったり疲れやすくなって、仕事や家事もままならなくなってしまう人も多いです。こういった事は周りからはどんなに辛いのかが目に見えて分かりづらいので怠けているなどと思われてしまう事もあり理解が得られにくく本人としては辛い気持ちになります。それから休みの日に出掛けても家に帰るとぐったりとしてすぐに横になってしまう人も多いです。

胃腸の働きが鈍くなるので便秘になってしまう事もあります。そして代謝も悪くなるので、太りやすくなります。体重がぐんぐん増えてしまい、悩んでしまう人も少なくありません。ダイエットをしてもなかなか体重が落ちにくくなります。それから筋力の低下が見られたり、脱力感があったりします。その為、機敏な動きなどをする事は辛くなって来ます。物忘れなども増える為に落ち込んでしまう人も多いです。それから脈拍がゆっくりになる事もあります。このように甲状腺機能が低下する橋本病になると、様々な症状が生じ、中には日常生活を送るのもしんどくなる人も多いです。

甲状腺細胞が炎症し、破壊される橋本病

橋本病とは、甲状腺細胞が炎症し、破壊される病気です。何故、甲状腺細胞が炎症し、破壊されてしまうのかというと、甲状腺にリンパ球が浸潤する事により、甲状腺に障害を与えてしまう自己抗体が出来てしまいます。その為に甲状腺細胞が炎症し、破壊されてしまうのです。そして様々な症状が生じてしまいます。

橋本病の診断方法

橋本病はどのように診断されるかですが、これは甲状腺機能検査として簡単な血液検査により診断がつきます。甲状腺刺激ホルモンと遊離型甲状腺ホルモンを測定します。橋本病はまず症状だけを聞いて、橋本病かもしれないと思っても血液検査の結果を待たないと診断がつきません。でも血液検査のホルモン値は正確で診断もつきやすいので、血液検査を受ければ橋本病であるかどうかはハッキリします。血液検査は内科でもやってくれますので、自分が橋本病のような症状に悩まされ橋本病であるかどうか知りたい場合は内科で血液検査をしてもらって結果をハッキリさせるのも良いと思います。それで橋本病だと診断されても、薬を飲む事で良くなっていきますし、辛い症状も抑えられていきますので病院に行くのは早いに越した事はないでしょう。特に辛い症状が出ている人程、早目に治療に入った方が良いと思います。

橋本病の治療法とは

橋本病の治療法には、甲状腺ホルモン補充療法があります。これは甲状腺ホルモンが不足している分量のレボチロキシンナトリウムという薬を飲む事により、甲状腺ホルモンを正常化させていきます。

他にもある甲状腺の病気とは

甲状腺の病気というと橋本病やバセドウ病が多いと思います。周りでも橋本病やバセドウ病にかかっている人も多いと思いますし、芸能人でも公表されている人も出て来ていますね。甲状腺の病気とは橋本病やバセドウ病だけではなく、プランマー病という病気もあります。初めて聞く方も多いと思いますが、世界でもそんなに多くない甲状腺の病気です。プランマー病は、甲状腺にしこりや腫瘍が出来る病気です。甲状腺の辺りがボコッと腫れたり、触ると何かが入っている感じがあるので、自分で気付いたり周りの人が気付く事も多いです。プランマー病の場合は、手術をしてしこりや腫瘍、甲状腺そのものを取ってしまう事もあります。甲状腺を取ってしまうと一生、甲状腺ホルモンを補う薬を飲まなくてはなりません。また腫瘍が良性だった場合は良いですが、悪性だったりする場合は気を付ける必要があります。このように甲状腺の病気には様々なものがありますが、いずれも治療をきちんと行えば例え時間がかかっても正常な日常生活が送れるようになるので、今例え調子が悪くても希望を持って治療に取り組むときっと良い結果が得られると思います。また自分が甲状腺の病気になったら、周りの人の甲状腺にも自然と目が行くようになります。甲状腺の病気になった事がない人は身内に甲状腺の病気の人がいない限り、自分の甲状腺がおかしいなどといった事は気にしたりしないので、甲状腺の病気を経験をした人が発見して感謝されるという事もあるようです。

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

この記事に「いいね!」しますか?

Category :
by
Leave a Comment0 Comment4430 views

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)