「甘いもの」の食べ過ぎに注意!太りたくないけど、どうしても食べたい!そんなあなたは炭水化物の摂取を「なかったことに」してしまうのは如何ですか!?

「甘いもの」の食べ過ぎに注意!太りたくないけど、どうしても食べたい!そんなあなたは炭水化物の摂取を「なかったことに」してしまうのは如何ですか!?

1、甘いもの食べすぎの症状は

世の女性が総じて好きなものに「甘いもの」「スウィーツ」がありますね。最近ではスウィーツ男子という言葉まで出る位、男性にも甘いものが好きな人が多くなってきています。疲れた時に甘いものを食べると活力が出てくるような、そんな気がする事がありませんか?私自身も疲れた時、甘いものが食べたくなります。しかし、それは実は逆効果なんです。甘いものを大量に食べる事で落ち着いたと継続して取り続けてしまう、常に甘いものがないと落ち着かない、ストレスを感じた時や疲れたとき、常に甘いものが欲しくなってしまうという事が多い方もいらっしゃるでしょう。甘いものばかり食べる事で、砂糖なくしては生きられない!という一種の依存症状がでてしまう事があります。また、イライラや焦りなどの精神症状が見られる事があります。

高品質な自然派原料!」食後の血糖値上昇をブロック!
炭水化物と糖の吸収を強力にブロック!
更に糖・脂質の代謝を促進!
炭水化物の摂取を「なかったことに」する!
炭水化物ブロッカー フェーズ2プラス

2、甘いもの食べすぎと病気について

先述で述べましたが、甘いものがないと落ち着かない、常にそばにないと落ち着かない!というこの状況。何かに似てませんか?そう、依存症です。甘いもの、つまり砂糖依存症です。これは立派な依存症の一種なのです。そのメカニズムですが、砂糖を摂取する、そして消化され分解されたブドウ糖が血糖値を一時的に上昇させます。すると、その上昇した血糖値を下げようとインスリンが分泌されます。上昇した血糖値は下がりますが、下がりすぎて低血糖状態になります。身体が低血糖になった状態を空腹状態と勘違いし、更に血糖を上げようと甘いものが欲しくなるという悪循環になるのです。砂糖を摂取する事でセロトニンという幸福感を感じる脳内物質が分泌されます。身体が疲れた時、ストレスを感じた時、幸福感を得る事=砂糖を取るという事に繋がり、過剰摂取してしまう、これが砂糖依存症のメカニズムです。その他にも、糖を多く取りすぎる事で起こる病で有名な「糖尿病」。実はビタミンB群やカルシウム不足からくる症状も、甘いものと取りすぎた結果に起こるのです。

現在「血糖値測定器本体無料キャンペーン」実施中です!

3、甘いもの食べすぎと糖尿病について

よく「甘いものを食べすぎると糖尿病になるから気をつけなさい」という言葉を聞きませんか?何故このように言われるかと言いますと、甘いものを食べると太りますよね?肥満は糖尿病のリスクを高めるからなんです。糖尿病の最大の危険因子が肥満なのです。甘いものはじめ、高カロリーなものはカロリー消費できずに体内に蓄積して肥満となります。脂肪は人体に様々な影響を出します。脂肪が糖尿病を助長するのは、インスリンの働きを邪魔してしまうからです。インスリンは脾臓という臓器から分泌されます。脂肪によってインスリンが分泌されない事で、脾臓がより多くのインスリンを分泌しようと働き続けます。よって脾臓に負担がかかり、インスリンの分泌が追いつかず、血糖値が高いままとなるのです。そして、もう一つ甘いものが糖尿病の原因となる理由があります。それは急性の糖尿病の一つである「ペットボトル症候群」です。甘いものはスウィーツだけでなく、清涼飲料水もあります。ジュースなどの清涼飲料水を飲むと、その後何故か喉が渇いたりしませんか?ジュースなどの甘い清涼飲料水を飲む事で一時的に血糖値が上昇します。その血糖値が高い間は、症状の一つである「喉の渇き」が現れるのです。喉が渇くと飲み、また血糖値が高いから喉が渇き、またジュースを口にするという悪循環が完成してしまいます。先述で述べた通り、血糖値が高い事で脾臓から血糖値を下げようとインスリンが分泌されますが、このペットボトル症候群は悪循環に陥りやすく、脾臓が疲れ、最終的にはインスリンが出なくなってしまうのです。

勿論甘いものが糖尿病のリスクの一つではあるのですが、運動したり、適切な食事を摂っと後の甘いものは良いのです。自身の健康状態を見て、常識の範囲内で甘いものを楽しみましょう。

高品質な自然派原料!」食後の血糖値上昇をブロック!
炭水化物と糖の吸収を強力にブロック!
更に糖・脂質の代謝を促進!
炭水化物の摂取を「なかったことに」する!
炭水化物ブロッカー フェーズ2プラス

4、甘いもの食べすぎと肝臓について

甘いものが糖尿病のリスクの一つだという事がご理解できたと思います。しかし、それだけではないのです。甘いものを摂取する事で摂取カロリーも増え、太りやすくなるのは誰もが知っていると思います。その脂肪が肝臓に付いてします事があります。

それが「脂肪肝」です。脂肪肝のイメージはお酒を良く飲む男の人ってイメージがあると思います。勿論それも間違ってはいないのですが、最近ではお菓子や果物に多く含まれる糖質。これが肝臓で中性脂肪となり、脂肪肝になってしまうのです。脂肪肝は三人に一人の割合でなると言われています。しかもやっかいな事に自覚症状がない為、自分では気付かない内に脂肪肝になっている事もあるのです。脂肪肝を放っておく事でガンになってしまう事もあるのです。また女性は甘いものを食べすぎた、体重が増えたと食事を減らしてダイエットしたり、炭水化物を抜いてダイエットする方もいらっしゃるとは思いますが、これが肝臓には逆効果です。無理なダイエットを続けると栄養不足となり、肝臓に脂肪が溜まってしまいます。また、糖質を抜いてしまうと、肝臓は機能障害を防ぐ為に脂肪を集め、結果脂肪肝となってしまいます。甘いものの糖質の摂りすぎで全身の働きを低下させてしまうと共に肝機能に障害を与えてしまうので、適度な摂取、正しい生活習慣が大事となります。

5、甘いもの食べすぎと胃が痛いについて

甘いものを食べすぎると胃が痛くなる事はありませんか?私自身も食べ過ぎた後や甘すぎるものを食べた後に、何故かむかむかしてしまう事がありました。まず、胃の痛みの原因の第一要因はストレスですね。日本人は胃腸が弱いなんて歌もありました。落ちつかなかったり。イライラして甘いものを摂ってしまいます。甘いものが欲しいと思う理由は砂糖があるからです。疲れた時、イライラしている時は砂糖を欲しているのです。砂糖はブドウ糖と加糖が結合した二糖類に分類されます。この二糖類は簡単に消化吸収されてしまうので、手っ取り早くストレス解消にもってこいなのです。エネルギーを生み出す為のブドウ糖が摂取でき、リラックスさせてくれるのです。しかし、砂糖は時に胃の痛みの原因となる事があります。それは、胃の中の胃壁に対して刺激が強すぎで胃酸が大量に分泌され、胃の中を傷つけてしまって胃痛が発生してしまうのです。

つまり、胃が弱っている時に甘いものと摂る事で逆効果となっている可能性があるのです。まず、日頃の疲れやストレスの原因を探り、解消した後に甘いものを摂るのが良いという訳です。

あと、免疫力を向上させ腸や内臓機能を上げデトックス機能アップさせるのに効果的な薬膳レベルの「プレミアムスーパーフード」がいいですよ。摂取していくと胃腸が強くなっていきます。

 

高品質な自然派原料!」食後の血糖値上昇をブロック!
炭水化物と糖の吸収を強力にブロック!
更に糖・脂質の代謝を促進!
炭水化物の摂取を「なかったことに」する!
炭水化物ブロッカー フェーズ2プラス

6、甘いもの食べすぎと下痢について

甘いものには殆ど「砂糖」が使用されています。ほぼ全ての甘いものは砂糖ですね。甘いものを沢山摂取する事で何故下痢?とお思いでしょうが、ちゃんとした理由がございます。砂糖を果物、どちらも甘いですよね?その違いは何でしょうか?それはビタミンやミネラルが入っているかどうか、消化酵素があるかどうかになります。砂糖には勿論ありません。この砂糖を消化する為に、体内の消化酵素やビタミンを消費してしまうのです。消化の際にはビタミンB群を大量に消化してビタミン不足にも陥ります。そして、砂糖は強酸性の食べ物です。食べ過ぎる事で身体は酸性に傾き、均衡を保とうと、カルシウム等のミネラルを消費してしまいます。カルシウム不足になると自律神経が乱れます。先述で述べた通り、日本人はストレスに弱いです。自律神経が乱れるという事はストレスを感じやすくなり。胃や腸を壊します。節度を持って食べ過ぎないようにする事は必要です。

7、甘いもの食べすぎと吐き気について

甘いものを食べすぎる事によって、胃が傷つくという事はご理解できたかと思います。甘いものを大量に摂取する事で、その中に含まれる砂糖が胃を傷つけてしまいますね。その傷ついた所から胃の炎症が起こりやすく、また、その影響で逆流性食道炎を引き起こしてしまう事もあるのです。逆流性食道炎は胃酸が本来向かうはずの腸へ行かず、食道の法へ逆流し、胃酸で炎症を起こす事です。砂糖の影響で胃酸過多も起こすので、逆流性食道炎や胃炎にはなりやすく、吐き気を催します。そして、急激な血糖値上昇からくる吐き気でもあるでしょう。砂糖は一時的に急に血糖値を上昇させますが、大量に分泌されたインスリンの影響で低血糖症状を引き起こします。この低血糖症状の一つに吐き気があります。

8、甘いもの食べすぎと頭痛について

頭の活動には糖分が必要とされています。しかし、甘いものを食べすぎる事によって、一時的な高血糖状態となり、それに反応した脾臓が血糖を下げるべく、大量のインスリンを分泌し、低血糖状態を引き起こします。この低血糖状態によって頭痛が誘発されるのです。低血糖状態が続くを、脳はこのままでは危険だと察知して、全身の脂肪を溶かして、脳へのエネルギーをします。しかし、糖分ではなく、溶け出した脂肪酸であり、それが脳に入る為、血管を広げてしまうのです。その血管拡張の際に偏頭痛は引き起こさせているのです。低血糖状態でいる状況でさえ、脳に負担がある上に、脂肪を溶かした脂肪酸が脳に入り、血管拡張してしまうので、更に脳に負担がかかっている状況であると言えます。その状態では頭痛が起こって当たり前なのです。

高品質な自然派原料!」食後の血糖値上昇をブロック!
炭水化物と糖の吸収を強力にブロック!
更に糖・脂質の代謝を促進!
炭水化物の摂取を「なかったことに」する!
炭水化物ブロッカー フェーズ2プラス

9、甘いもの食べすぎとめまいについて

めまいには種類があります。回転性めまい、浮動性めまい、立ちくらみ、平衡障害の四つです。めまいが起こるメカニズムとして、耳の病気、脳の病気、全身の病気によって起こるとされれいます。甘いものを摂りすぎる事で、低血糖状態になり、脳にダメージを与えてしまう事も、先述で述べたと思います。つまり、脳の血管拡張によって、偏頭痛が起こると同時に脳も低血糖状態で平衡感覚に乱れがでてしまうのです。平衡感覚が狂う事で起こる事こそめまいです。高血糖状態から、すぐに低血糖状態になり、脳の糖分不足によってめまいが発生してしまいます。頭痛をめまいが同時に起こった場合、原因は甘いものの摂り過ぎかもと、原因を探る必要があります。あまりにも酷い場合は病院を受診しましょう。

10、甘いもの食べすぎとだるいについて

甘いものを食べすぎる事によって、低血糖状態を引き起こします。低血糖状態の症状として、空腹・発汗・震えや動機などの自律神経の症状と、集中力の散漫・意識の混乱・頭痛・眠気・痙攣などの中枢神経症状の二つに分かれます。だるさも中枢神経症状の一つといえるでしょう。また、だるさは内臓が多く関係していると言われています。甘いものの摂取後に、沢山働く臓器がありましたね?そう、脾臓です。一時的な高血糖状態を落ち着かせる為に過剰なインスリンを分泌しようと、脾臓は働き続け、やがて疲労困憊となってしまいます。また砂糖の取りすぎで胃を傷つけてしまうという事もありました。肝臓にも負担がかかっていました。脳にもダメージがありました。つまり、甘いものを大量に摂取する事で全身の臓器が悲鳴を上げている状態なのです。その為、甘いものを食べても食べても、だるさが消えないのです。日々の生活習慣を整えて、常識の範囲内で甘いものを楽しむ事が必要ですね。

現在「血糖値測定器本体無料キャンペーン」実施中です!

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)