カンジタは女性に多いのか?ホルモンに関係したり再発する可能性はあるのか?疑問点を解消しましょう!デリケートゾーンのかゆみ、ボロボロしたオリモノなど膣カンジダ症の症状対策はコレ!

カンジタは女性に多いのか?ホルモンに関係したり再発する可能性はあるのか?疑問点を解消しましょう!デリケートゾーンのかゆみ、ボロボロしたオリモノなど膣カンジダ症の症状対策はコレ!

1:カンジダってどういう病気?

カンジダとは、真菌(カビの一種)が原因でおこる病気なんです。男性よりも女性に多いのが特徴なんです。
性交渉だけが原因ではなく、疲れや免疫力などの低下によっても起こってくるんですよね。ホルモンのバランスなどが崩れたときに増殖を起こして多くの症状が引き起こされるんです。女性は5人に1人が発症すると言われているんです。珍しい病気ではなく、誰にでも起こりうる病気ではあります。カンジダ菌は通常、膣内に常在菌として存在していますがバランスが崩れると増殖をして痒みであったりおりものが増えたりと色々な症状が見られるんです。

中に挿入しないでカンジダ菌を退治
免疫力を高めカンジタ菌を撃退する天然ハーブ
コラーゲンの生成を助けるビオチンも配
カンジタ(女性)完治セット

2:カンジダって種類はあるの?

カンジダでよく発症するのが、「膣カンジダ」が主ですが実は何種類もあるんですよね。カンジダというのは常在菌ですが、膣の中だけでなく、積めや指の間、口や食道など色々な部位に存在しているんです。カンジダ菌は身体の全体に存在するのでその部位で発症しても実はおかしくはないんです。
爪や指の間であれば「皮膚カンジダ」であったり、この皮膚カンジダは爪や指の間だけでなく、食道や口の中でも起こるんですね。そして、膣の中で起こる「膣カンジダ」である粘膜部分で起こるものに大まかに分けられるんです。細かく分けると、「急性萎縮性カンジダ症」「急性偽膜性カンジダ症」「慢性肥厚性カンジダ症」などに分けられます。こうやってみていくとカンジダの種類もかなりあるというのが分かると思います。

3:カンジダは女性に多いの?

カンジダは女性に多い病気です。今では5人に1人はかかるとされています。健康であっても免疫力の低下であったり、ホルモンのバランスが崩れたり疲れが溜まりすぎていてもかかる可能性があるんです。これは、年齢に限らずかかる可能性はあるのです。誰でも経験はあるとは思うのですが、自然治癒する病気でもあるんです。ただ、場合によっては悪化する可能性もありますので、1番は病院にでの治療をお勧めします。痒みを増す症状があるので、掻きむしった傷口から感染症を起こすことも希にあります。そこから二次感染を引き起こす可能性もありますので、自然治癒が見込めない場合には、病院での治療をされたほうがいいとは思います。

中に挿入しないでカンジダ菌を退治
免疫力を高めカンジタ菌を撃退する天然ハーブ
コラーゲンの生成を助けるビオチンも配
カンジタ(女性)完治セット

4:カンジダの原因は?

カンジダの原因にはさまざまな要因があります。その中でも自己感染が最大の原因理由が多いんです。どういうことかというと免疫力の低下やホルモンバランスが崩れたり、疲れや体調不良などが要因となり身体の中にある常在菌が増殖することでカンジダを発症してしまうんです。常在菌は人間であれば誰もが持っている菌であります。健康な状態であれば悪さをすることなく過ごすことができるのですが、抵抗力が衰えている人はこれらの菌が増殖することでかゆみなどを発症してしまい、悪化すれば傷口から二次感染を引き起こす可能性があるのです。

5:カンジダの症状は?

カンジダは女性に多いのですが、男性にも発症することがあるんです。では、男女別に症状を見ていきましょう!
男性の主な症状には、亀頭のただれやかゆみがでたり、赤みや白いカスが出る症状の他に亀頭に水泡が起こったり尿道炎を起こしたりすることがあります。逆に、女性の主な症状としては、外陰部や膣の痒みであったりおりものが増加したり、排尿障害や性交渉時に痛みがあったり、性器の灼熱感や痛みなどが起こります。男性と女性で症状に異なりはしますが、疲労であったり風邪などで免疫の低下により起こってきます。場合によっては、再発を繰り返すことがあります。自然治癒がほとんどですが、症状が重い場合には治療などにも時間を要する場合があります。

6:カンジダは再発する可能性ってあるの?

カンジダは繰り返し再発する可能性があるんです。これは、カンジダ菌が原因となる場合には症状が一度改善されたとしても日常生活などの生活習慣を根本的なところから見直さなければ再発を防ぐことができません。主な感染経路は自己感染が原因だからです。人は常在菌というのを持っています。これが発症するかどうかは自己免疫などの低下を起こさないようにする必要があるからです。日常生活などの生活習慣を見直さなければ、いつまでも繰り返すんです。体質改善であったり生活習慣を見直すことで菌の増殖を押さえることができるからなんです。菌の増殖が増えることで痒みなどの症状を発するので根本的なところが改善されることで再発を抑制できる可能性があるからです。

中に挿入しないでカンジダ菌を退治
免疫力を高めカンジタ菌を撃退する天然ハーブ
コラーゲンの生成を助けるビオチンも配
カンジタ(女性)完治セット

7:カンジダと女性ホルモンの関係は?

カンジダ菌は、常在菌の1つになります。特に女性が多く罹患する菌で女性ホルモンのエストロゲンに深く関係しているんです。このエストロゲンの量などによって発症するとされているんです。加齢に伴いエストロゲンが減少してくるんです。これが低下することで菌の増殖が始まり症状を発してしまうんです。そして、もう1つが生活習慣です。エストロゲンは肝臓で作られるので食生活やアルコールなどの過度の摂取でも増殖するんです。カンジダは「糖分」を好む習性があるので、生活習慣の長年の乱れなどによっても引き起こす可能性があるのです。これらのように、ホルモンのバランスなどもカンジダを引き起こす原因となり深い関係があるのです。

8:カンジダは人にうつるの?

カンジダ菌は、簡単に人にはうつらないのです。カンジダ菌は常に身体の中に存在する菌でカビの一種になるんです。性交渉などを行うことでうつることは在ります。一般的にはつらないとされてはいるんです。カンジダは多くが自然治癒で治るとされてはいますが、場合によっては治療が必要になることもあります。
うつらないとは言え、体調不良などで菌の増殖が身体のなかで起こっている場合には「性交渉」は控えた方がいいと思います。早めの治療を行うことで症状も改善されますし、完治することもありますので「カンジダかも?」と思ったときには早めの対処をされることをお勧めします。

9:カンジダに効果のある市販の薬は?

カンジダに効く薬があるの?なんて思われている人もいると思います。ポイントさえしっかりと押さえていれば市販のお薬でも治療することができるんですよ。特に女性は病院へ行くのを躊躇される人が多いんです。病院に行くことが気が引けるようであれば市販のお薬を購入されるのも1つですね。

主な症状は、痒みや灼熱感、ヒリヒリする痛みなどがあります。お薬の成分表を確認すると効果のあるものかどうかを判断することができるんです。カンジダに効果のある市販薬の成分としては外用薬であれば、イミタゾール系のラノコナゾール、クロトリマゾール、ケオコナゾールなどの成分が配合されているお薬は効果が高いとされています。抗菌力が非常に高いので薬局でも購入ができますので成分を確認して購入をしてください。内服薬であれば、フルコナゾール、ミコナゾール、イトラコナゾールなどが効果があるとされているお薬になります。

1番は、薬剤師の人に購入するときに聞くのがいいのですが、デリケートな問題でもありますので自分で確認をして購入してみましょう。1週間して症状が改善されないようであれば、病院で治療を必要とする場合がありますので、必ず受診をするようにしましょう!

中に挿入しないでカンジダ菌を退治
免疫力を高めカンジタ菌を撃退する天然ハーブ
コラーゲンの生成を助けるビオチンも配
カンジタ(女性)完治セット

10:カンジダの治療方法は?

カンジダでも特に「膣カンジダ」であれば、病院で治療をお勧めします。多くの場合は、常在菌の増殖により症状が発症され、自然治癒がほとんどではありますが「膣カンジダ」であれば、放置しておくことで不妊症になったりする可能性も否定できません。膣カンジダに感染した場合には、婦人科若しくは産婦人科などでの受診をお勧めします。受診されると何が原因かを特定してくれます。カンジダと判断されれば抗真菌薬が処方されます。塗り薬や膣錠などで処方されます。6日程度の治療期間で症状が改善する可能性があるので、早めの治療が大切なんです。1週間しても改善されない場兄は、次の治療方法を探すようになります。治療を行っているときには、生理時などにはタンポンの使用はできるだけ避けるようにしましょう。また、不必要に膣内の洗浄をすることも避けてください。洗い流しすぎは感染の原因となる可能性があるので症状を悪化させてしまうことがあります。

これらのように市販薬でも治療できますし、病院での治療を選択することもできます。現在の症状に合わせた治療方法を選択するのが1番だと思います。

 

中に挿入しないでカンジダ菌を退治
免疫力を高めカンジタ菌を撃退する天然ハーブ
コラーゲンの生成を助けるビオチンも配
カンジタ(女性)完治セット

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)