テトリスで隙間を埋める練習をしたように日常生活でポジティブな視点探しを行っていけばポジティブなパターンが無意識的に生じるように脳を訓練することが可能!

人間の脳はポジティブよりもネガティブに注意を払いやすいように出来ていることがわかっています。ですので人は否定的なことが頭に浮かぶのです。しかしネガティブは防衛の為に必要な事ですから嫌がるものではありません。
今回は「テトリス効果」をご紹介したいと思います。テトリスは多くの方が一度は目にしたことがあるゲームではないでしょうか。テトリスは上から落ちてくるブロックを回転させたり移動させたりして、下に落ちた場所にて形を整えていき、上手く隙間無しで水平方向にブロックを揃えることで、その段のブロックが消えるゲームです。
このテトリスを長時間プレイした経験がある人の多くは、店の棚にある物や道に隣接した建物などをテトリスのようにはめ込む方法などを無意識で自分が考えていたことに気づくことがあるそうです。つまりテトリス効果は習慣の一種であるのです。
なぜこんなことが起こるかと言いますと、ゲームに集中した時や映画を見ている時は「変性意識状態」になります。変性意識状態のときは無意識に情報が刷り込まれやすくなります。つまりゲームの集中しテトリスに集中することで、隙間を埋めて整えることが無意識に刷り込まれて習慣になりやすくなるのです。
このことポジテイブ思考やネガティブ思考に当てはめてみて下さい。テトリス効果をポジティブ思考に生かせば良いのです。テトリスで隙間を埋める練習をしたように日常生活でポジティブな視点探しを行っていけばポジティブなパターンが無意識的に生じるように脳を訓練することが可能なのです。
黙っているとネガティブな視点探しになりやすいので、意識を集中してポジティブな視点を探し、そういった思考パターンを作ってしまえばマイナスの連鎖を断ち切ることが出来るのです。
ポジテイブ思考になる誰にでも簡単にできるトレーニング方法をご紹介します。
1、嬉しかった事やありがたいと思った事を紙に書きだす
2、1のことを誰かに話して伝える
3、運動をしてスッキリする
4、静かな場所で目を閉じて心を落ち着かせる
5、1日のポジティブな体験を日記に書く
このことを繰り返すだけでポジテイブな思考パターンが作られていきます。

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)