膀胱炎とはどんな病気?膀胱炎の原因の大半は大腸菌!治し方は特許成分「クランジン™」で尿壁にこびりついた大腸菌をキャッチして排出させることが出来る「クランジンプラス」で解決!

膀胱炎とはどんな病気?膀胱炎の原因の大半は大腸菌!治し方は特許成分「クランジン™」で尿壁にこびりついた大腸菌をキャッチして排出させることが出来る「クランジンプラス」で解決!

世の中にはいろいろな病気がありますが、ここでは私たちの身近な病気の1つである「膀胱炎」に注目してみたいと思います。膀胱炎は決して珍しいものではないので、あなたも今までにかかったことがあるかもしれませんね。

膀胱炎とはどんな病気で、何が原因で発症するのでしょうか。膀胱炎の治し方を含め、くわしくご紹介していきましょう。

1、膀胱炎とは?

まずは膀胱炎とはどんな病気なのか、ということからお話ししていきます。膀胱炎というのは、「尿路感染症」の1つです。

尿は腎臓で作られ、尿管を通って膀胱に貯められます。ある程度貯まると尿意を感じ、尿道を通って排泄されるのが普通です。このいずれかの経路において、細菌感染してしまうことをまとめて尿路感染症と呼んでいるのです。膀胱炎は、その1つですね。大腸菌や腸球菌などの細菌が膀胱内に侵入し、炎症を起こすことで発症します。

膀胱炎は、大きく分けて「急性膀胱炎」と「慢性膀胱炎」の2種類があります。一般的な膀胱炎として認識されているのは、前者である急性膀胱炎のほうです。急性膀胱炎は膀胱や尿道に病気がない場合、慢性膀胱炎は病気があり、その病気によって細菌が住み着いてしまうために繰り返し発症する場合を言います。ここでいう「膀胱炎」とは、基本的には「急性膀胱炎」を指すこととしましょう。

膀胱炎は男性よりも圧倒的に女性に多く見られる病気であり、一度治っても繰り返しやすいと言われています。膀胱炎の初期症状には、以下のような症状があります。

・トイレに行って排泄しても残尿感がある
・短時間に何回もトイレに行きたくなる(頻尿)
・血尿や白濁尿が出る
・排泄時に痛みがある

膀胱炎は誰でもなることがあり、多くの人が一度はかかったことのある、言わばかなりメジャーな病気でもあるのです。

特許成分「クランジン」が膀胱炎の原因の
「大腸菌」100%膀胱から排出します。
ドクターズチョイス クランジンプラス

2、膀胱炎の原因は?

膀胱炎になる原因は何なのでしょうか。その原因は1つではありません。

・トイレを我慢すること
・不衛生な状態で性交渉を行うこと
・前立腺炎がある人
・ウォシュレットの使用

これらはすべて、膀胱炎の原因になると考えられています。1つずつ、もう少しくわしく見ていきましょう。

尿意があるのに我慢していると、膀胱内で細菌が繁殖し、炎症を起こすきっかけとなってしまいます。先ほど膀胱炎は女性に多いと言いましたが、これは女性の体の作りによるものです。女性は尿道が短く、膣、肛門とも近いですよね。その上、膣や性器周辺には常在菌を含め細菌がたくさん存在しています。不衛生な状態で性交渉を行うと、細菌を尿道のほうへ押し込んでしまうことに。そのため、女性は膀胱炎になりやすいのです。

男性の場合は前立腺の炎症があると尿道を圧迫し、細菌を繁殖しやすくなってしまいます。ウォシュレットを頻繁に使うことは、本来膣に必要な常在菌までなくしてしまうため、体が持つ防御機能が低下し、膀胱炎になりやすくなるのです。

後ほどお話ししますが、ストレスや低体温、糖尿病などがある人は膀胱炎になりやすいと言われています。

原因は色々ありますが、急性膀胱炎、細菌性慢性膀胱炎の根本原因は「大腸菌」です。つまり、大腸菌を膀胱から排出して、大腸菌の侵入を防げば悩みが解決するというわけです。大腸菌を膀胱から排出してくれるサプリが「クランジンプラス」です。

特許成分「クランジン」が膀胱炎の原因の
「大腸菌」100%膀胱から排出します。
ドクターズチョイス クランジンプラス

3、膀胱炎の治療期間は?

では、膀胱炎になってしまったらどうしたらいいのでしょうか。頻尿や残尿感があるというだけで病院へ行く人はあまりいないでしょうが、排尿痛があれば「ん?なんかおかしいな」と思いますよね?異変を感じたら、すぐに病院へ行くことをおすすめします。
点滴や入院などは必要ありませんので、安心してくださいね。膀胱炎の治療は、抗生物質による薬物療法が基本です。3日~7日ほどお薬を処方されますので、きちんと飲みきりましょう。処方されたお薬を飲みきれば、短期間で治すことができますよ。
ただし、女性の場合は注意が必要です。
なぜなら、膣の中に膀胱炎の原因となる菌が残存している可能性があるからです。普段は白血球などの免疫細胞によって保たれていますが、何らかの拍子に免疫細胞のバランスが崩れてしまったとしたら…。再び膀胱炎を発症してしまうでしょう。このような理由から、女性は膀胱炎になると、1年以内に再発する確率が非常に高いのだとか。
また、膀胱炎になっても症状が軽ければ気がつかないこともあるでしょう。放っておいても、2~3割くらいは2週間も経てば自然に治ってしまいます。ただし、この場合は原因菌を退治したわけではなく、自身の持つ免疫細胞の力が勝っていたというだけの話。原因となる細菌はあるわけですから、再発する可能性は非常に高いといえます。
膀胱炎をしっかりと、そして確実に治すためには、やはり病院へ行って薬をもらうというのが一番です。

特許成分「クランジン」が膀胱炎の原因の
「大腸菌」100%膀胱から排出します。
ドクターズチョイス クランジンプラス

4、膀胱炎の潜伏期間は?

膀胱炎は細菌による感染なので、潜伏期間があります。潜伏期間というのは、原因菌に感染しているのに、症状はまだ出ていない状態のこと。回りの人はもちろん、本人も「感染している」ことには気づいていません。
膀胱炎の潜伏期間は、およそ1週間から10日ほどだと言われています。トイレが近くなる、排尿時に痛みがあるなどの「膀胱炎の初期症状」が出始めたら、その日より1週間から10日前に感染したということになるでしょう。
膀胱炎は、たとえば排便したあとに肛門を拭いたときなど、些細なことでも感染してしまいます。そのため、「いつ」「何のときに」膀胱炎の原因菌に感染したのかを特定をするのは難しいと言えるでしょう。自分でも気がつかないうちに、感染していることがほとんどです。しかし、膀胱炎は空気感染などはしません。あくまでも原因菌が膀胱内に入り込むことで起こります。膀胱炎治療中の人と一緒に生活しているからといって、膀胱炎が移ることなどありませんので安心してくださいね。

特許成分「クランジン」が膀胱炎の原因の
「大腸菌」100%膀胱から排出します。
ドクターズチョイス クランジンプラス

5、膀胱炎とストレスの関係は?

膀胱炎は、日頃強いストレスを感じている人のほうがなりやすいと言われています。それはなぜなのでしょうか。一言でいうなら、ストレスによって体の免疫機能が弱まっているから。強いストレスを感じ続けていると、自律神経のバランスが乱れていきます。すると交感神経が優位な状態が続き、免疫細胞である白血球のバランスも乱れてしまうのです。
普段なら、たとえ細菌が入ってきても白血球の働きによって尿と一緒に体外に出すことができます。しかし免疫が正常に機能していないとしたらどうでしょう。細菌の体内への侵入を許してしまいますよね?このため、細菌が増殖し、炎症を起こる=発症することになるわけです。
現代はストレス社会とも呼ばれ、多くの人が何かしらのストレスを抱えながら生活しています。ストレスなく生きることなど不可能でしょう。ですから、ぜひ自分なりのストレス解消方法を見つけておいてください。「最近ストレス溜まってるなぁ」と感じたら、無理をせずに体を休めましょう。日頃からメンタルケアも行うことで、膀胱炎になる確率はかなり減らすことができますよ。

特許成分「クランジン」が膀胱炎の原因の
「大腸菌」100%膀胱から排出します。
ドクターズチョイス クランジンプラス

6、膀胱炎と低体温の関係は?

あなたは自分の平熱を知っていますか?正直、知らないという人のほうが多いのではないかと思います。日本人の平均的な体温は36.6~37.2で、一般的には平熱が36.0以下の人を低体温と呼んでいます。近年、低体温に該当する人がかなり増えているそうですよ。
膀胱炎になりやすい人、繰り返す人の共通点を見てみると、低体温であることがあげられます。体温が低いということは、血液循環がうまく行われないということ。すなわち、免疫機能も低下します。体温が1度下がると、免疫は37%も低下するそうです。それだけではありません。体温が低く血液循環がうまくいかなくなると、当然内臓の働きも悪くなります。膀胱周辺の機能が低下することで、より膀胱炎になりやすい状態であると言えるでしょう。
低体温の人は免疫が低下しており、膀胱炎の原因菌である大腸菌が繁殖しやすい環境となってしまっているのです。低体温になってしまう原因は、
・運動不足で筋肉が少ない
・過度なストレスを感じている
・食事が極端に偏っている
・きつい下着で締め付けている
ことなどがあります。原因は1つではなく、複数組み合わせていることが多いのだとか。低体温で膀胱炎になりやすいと感じている人は、生活習慣を見直す必要がありそうです。

特許成分「クランジン」が膀胱炎の原因の
「大腸菌」100%膀胱から排出します。
ドクターズチョイス クランジンプラス

7、膀胱炎と糖尿病の関係は?

糖尿病を患っている人は、膀胱炎にもなりやすくなります。というのも、糖尿病の合併症の1つに尿路感染症があるからです。膀胱炎は女性に多い病気ですが、糖尿病があると男女関係なくかかりやすくなるので気を付けましょう。
しかしなぜ、糖尿病になると膀胱炎になるのでしょうか。それはずばり、高血糖によって免疫が低下することと、血流が悪くなることによります。また、糖尿病の人は神経障害を起こしやすく、痛みなども感じにくくなってしまいます。そのため、膀胱炎の初期症状の1つである排尿痛などに気付くことができず、発見が遅れて重症化しやすいという特徴も。それだけでなく、神経障害は「尿意を感じにくく」もします。尿をしっかりと出しきれずに膀胱内に溜まっていると、そこから細菌が繁殖してしまうのです。膀胱炎のメカニズムは細菌が繁殖し、炎症を起こすことにあります。糖尿病の人は免疫も低下していて、膀胱周辺の機能も低下しているためただでさえ膀胱炎にかかりやすくなっています。
当然、膀胱炎以外の様々な病気にもかかりやすくなっていると言えますよ。膀胱炎を予防するというより、やはり根本的な原因である糖尿病の治療に専念しなくては、いつまでも膀胱炎を繰り返してしまうでしょう。

特許成分「クランジン」が膀胱炎の原因の
「大腸菌」100%膀胱から排出します。
ドクターズチョイス クランジンプラス

8、膀胱炎が繰り返し再発する理由と大腸菌の関係は?

膀胱炎は「一度かかると繰り返す」という話を聞いたことがありませんか?これは事実です。膀胱炎になり、治ったと思ったらまた発症する…というのは、わりとよくある話なんですよ。膀胱炎を繰り返してしまう理由はいくつかあります。まず1つめは、独断で処方された薬を飲むのをやめてしまうこと。病院で処方された薬を飲めば、2日や3日で症状はほぼ治まります。しかし薬は5日~7日分くらい処方されるのが一般的。このとき、「もう治った」と思って薬を飲むのを途中でやめてしまうと、体内に残っている原因菌が再び悪さを始め、膀胱炎を繰り返してしまうというわけです。
2つめの理由は、大腸菌です。大腸菌は便などに含まれており、膀胱炎の原因の実に80%を占めています。大腸菌は便秘になると大幅にその数を増やすと言われており、このことから便秘になると尿道口に侵入する確率が高まると言えますね。便秘でなくても、排便後の拭き方によっては膀胱炎になりやすくなります。
女性のみなさん、排便後はどのように拭いていますか?おそらくほとんどの人は、肛門から前に向かって拭いているのではないでしょうか。後ろから前に拭くと、大腸菌を膣や尿道付近に近づけてしまっていることになるのです。女性は肛門と尿道までの距離も短いですから、拭き方1つで膀胱炎を繰り返してしまうというわけです。トイレのあとの拭き方は癖になってしまっているので、なかなか変えるのはむずかしいかもしれません。しかし、その拭き方が原因で膀胱炎を繰り返している可能性は十分にあります。トイレのたびに意識して、拭き方を変えていくことが大切です。

特許成分「クランジン」が膀胱炎の原因の
「大腸菌」100%膀胱から排出します。
ドクターズチョイス クランジンプラス

9、膀胱炎と運動の関係は?

日本人の65%は運動不足だと言われています。運動をしないと体力も落ち、それはすなわち免疫も低下させることにつながります。運動不足で体力がない人は、風邪などを引きやすいイメージがありますよね?これは体力がないことで免疫も低下していることが関係しています。侵入してきたウイルスや細菌に対して抵抗することができず、炎症を招いてしまうわけです。
膀胱炎になりにくくするためには、日頃から適度な運動をすることが大切。とはいえ、体に負担をかけるほど激しいものでなくて大丈夫ですよ。ウォーキングやジョギングなどの、軽いものでOKです。運動をすることは、健康管理やストレスの解消にもおすすめ。もちろん、日頃から運動をしていれば100%膀胱炎にかからないというわけではありません。あくまでも「かかりにくくなる」という話です。
また、膀胱炎の治療中の人は激しい運動をするのは控えましょう。治療中は水分をたくさん摂り、尿をたくさん出す(原因菌を排出する)ことを最優先にしてください。

10、「ドクターズチョイス クランジンプラス」とは?

膀胱炎を早く治したい人、再発を防ぎたい人向けのサプリがあることを、みなさんはご存じでしょうか。今はサプリはかなり身近なものとなり、様々な種類が存在しています。その中の1つが「ドクターズチョイス クランジンプラス」という膀胱炎サプリ。

今までの膀胱炎関係のサプリは、利尿作用を促すことで大腸菌を排出しやすくするというものでした。しかしドクターズチョイスクランジンプラスは違います。特許成分の「クランジン」の力によって、大腸菌をしっかりキャッチして排出することができるのです。

また、特許製法による5つの乳酸菌によって膀胱を守り、細菌の侵入を防ぐという働きも。すでに膀胱炎にかかっている人はもちろん、もう膀胱炎にはなりたくない!という人の強い味方となることは間違いないでしょう。濃縮したクランベリーエキスを使っていますので、薬のような副作用はありませんので安心です!

30日分、30粒入りで4,890円ですが、もしも効果がないと感じたときは24時間受付の専用電話番号に電話すると、90日以内なら全額返金してもらうこともできます。返金システムのあるサプリは、それだけで安心感がありますよね。自信があるからこそ出来る返金保証です。

あなたもこれからは、副作用のある薬ではなく、サプリメントで膀胱炎を予防、改善していきませんか。ドクターズチョイスクランジンプラスは、辛い膀胱炎に悩むすべての人の強い味方です。

 

特許成分「クランジン」が膀胱炎の原因の
「大腸菌」100%膀胱から排出します。

ドクターズチョイス クランジンプラスの詳細

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)