急に不安感に襲われる時の対処法

急に不安感に襲われる時の対処法

誰でもできる簡単メモ帳不安解消法

人なら誰しも急に不安に襲われることがありますよね。そんなときにどうすればよいかを今回は紹介したいと思います。
それは、メモ帳を持ち歩くことです。それだけ?と思った方もいると思いますが、これが一番簡単で効果的です。
その時に不安に思ったことを正直にメモ帳に書いていくのです。そして、その後どう対応して落ち着いたのかも書くとなおよいと思います。大切なことは、不安な気持ちを吐き出すことです。心の中にためておくと自分自身が辛くなってしまいます。
また、誰かに話すという方法もあるかと思いますが、時間が合わず難しい時もあります。ですが、メモ帳に書くのなら自分の時間を調整すればよいので簡単です。特に気を遣う方にはおすすめの方法なのです。自分の気持ちに正直になることで不安感は自然と消えていきます。
誰かに相談して流されるのではなく、自分で解決するのも時には大切です。それは自分を曲げないことにもつながります。また、正気な気持ちをメモ帳に書くことで、のちに振り返ったときに、新しい自分を発見することが私はできると思います。気持ちに波があるのは人なら当たり前です。なので、焦ることなく進んでみてください。そのためにもメモ帳に不安な気持ちを書いてみてください。

精神安定なら「セロトニン」
「セロトニン」の原料は「トリプトファン」
トリプトファンでは足りない方は「5-HTP」
天然植物性トリプトファン 500mg(植物性)
5-HTP 100mg 60ベジカプセル

書いて、話して、整理していこう

何気ない日常のなかで、急に不安感が襲ってくること、ありますよね。
そんな時にはまず、深呼吸をしましょう。何度か繰り返すうちに気持ちが落ち着いてきます。
落ち着いたところで、何が不安だったのかを考えてみます。この時に紙に書き出してみるといいですね。
書くことで、漠然としていた物が目に見える形になり、不安に感じていたことの正体を突き止めることが出来ます。
原因は仕事のことかもしれない、家庭の問題かもしれない、子育てのことかもしれない…思い当たることを全て書き出してみるのです。
そうすることで、不安に感じていることを整理し、誰に相談すればいいのかが明確になります。
上司だったり、同僚だったり、家族だったり、友人だったり…話を聞いてもらうのです。
話をするということは、自分の思いを言葉にするということで、言葉にすることで自分の中で答えが見つかることもあります。
不安になってしまう時には、何かしらの原因があると思います。ただ不安に思っているよりも、自分の不安がどこからきているものなのか、その都度、書き出し、解決していくことが、大切だと思います。
不安に思うことは悪いことではありません。ただ、その問題を放置せず、自分自身と向き合う良い機会にしていくことで前向きになれると思います。

精神安定なら「セロトニン」
「セロトニン」の原料は「トリプトファン」
トリプトファンでは足りない方は「5-HTP」
天然植物性トリプトファン 500mg(植物性)
5-HTP 100mg 60ベジカプセル

不安に襲われた時にはお香と瞑想の音楽に身を委ねて

明日は大事なプレゼン、取引先との大事な交渉など、現代人は常に不安と戦っています。不安に襲われたら夜も眠れなくなる場合があります。そんなときには、瞑想をするのがおすすめです。瞑想をするときには、お経が聞こえる音楽がおすすめです。お経の音楽は、最初に聞くときには抵抗がありますが、なれてくると徐々に心地よくなる感覚を覚えます。お経に関しては、不安になった場合は、般若心経を書き写す「写経」も気持ちを落ち着ける手法として注目されています。しかし、写経は自宅ではできないので、お経が音楽を聴くのです。また、音楽と共に欠かせないのが、お香などの香りです。おすすめの香りは「沈香」です。ウッディーな香りが特徴です。また、沈香には香りにより心を沈める目的があるとされています。煙の匂いを嗅ぐだけで癒されます。瞑想の目安の時間は約20分ほどが妥当であると考えられています。悩みや不安に襲われた時には効果的な方法です。また、瞑想は、自分と向き合う時間でもあります。目を閉じてゆっくりと呼吸を整えることで、これまでの自分の行動が正しかったかなど振り返ることで新たな自分に出会うことができます。何かに悩んでいるときにはしっかりと自分と向き合うと良いです。

精神安定なら「セロトニン」
「セロトニン」の原料は「トリプトファン」
トリプトファンでは足りない方は「5-HTP」
天然植物性トリプトファン 500mg(植物性)
5-HTP 100mg 60ベジカプセル

自律訓練法により呼吸を整える

不安になることは、人間であれば誰しも経験することです。不安に襲われた時には夜も眠れなくなることも多々あります。夜に十分な睡眠がとれないと翌日の作業に響いてしまいます。そんなときにおすすめなのが、自律訓練法により呼吸を整える方法です。自律訓練法は、心理カウンセリングでも利用されていて、自宅や職場などどこにいても簡単にできる呼吸法です。気楽な姿勢で椅子に座り、膝の上に手をおきます。目を閉じてゆっくりと呼吸を整えていきます。自律訓練法には、いくつかの行程があります。まずは、「気持ちが落ち着いている」と自分に言い聞かせていきます。すると自然に呼吸が整います。次に「手足が重い」という現象があります。気楽な姿勢で座っていると手足が重たくなります。また、「手が温かい」ということは、手足が徐々に温かくなります。この段階で徐々に体はリラックスしていくのですが、最後の行程は、額が涼しくなります。この段階までいくと完全なるリラックス状態になります。これをやってから布団にはいると翌朝スッキリと目が覚めます。また、自然と雑念が振り払われ、周囲の音も気にならなくなります。不思議と不安による緊張からかいほうされます。

精神安定なら「セロトニン」
「セロトニン」の原料は「トリプトファン」
トリプトファンでは足りない方は「5-HTP」
天然植物性トリプトファン 500mg(植物性)
5-HTP 100mg 60ベジカプセル

深呼吸をしてみましょう。

突然不安感に襲われてしまった時、その不安を抑える方法があります。

まずは、深呼吸をしてみましょう。

不安感が強い時には、無意識に呼吸が浅くなりがちで、脳も酸欠状態です。

始めに口からゆっくり息を吐きます。
最後まで吐ききることで、次に吸いやすくなるからです。
たまった不安やモヤモヤも一緒に吐き出してしまいましょう。
そして今度は鼻からゆっくり大きく息を吸い込みます。
これを何回か繰り返していると、徐々に落ち着くことができます。

少し落ち着いたら、目をつむって自分の身体を意識するようにします。
特に手や足の指先の感覚を意識すると、地に足が着いた感覚がつかめ、不安感が薄れてきます。

ある程度落ち着いたら、自分は今不安を感じている、ということを客観的に捉えてみましょう。
自分自身の状況を外から捉えることによって、第3者の立場から不安の原因を見つめることができます。
すると、その不安に対する考え方が自然と変わってくるのです。
そして不安そのものにとらわれないようになれば、解決法も見つかるかもしれません。
人は、不安感に襲われると正常に思考が働かなくなります。
その一時的な感情で、間違った選択をしてしまう場合もあります。
また、不安を抱えている時は人の意見に流されやすくもなってしまいます。

そんな時はとにかく、いったん落ち着くことが大切です。
不安と向き合えるまで落ち着いたら、自分がどうしたいのか、どうするのが一番なのかを考えましょう。

周りに流されず、焦らず、ゆっくりで良いのです。

精神安定なら「セロトニン」
「セロトニン」の原料は「トリプトファン」
トリプトファンでは足りない方は「5-HTP」
天然植物性トリプトファン 500mg(植物性)
5-HTP 100mg 60ベジカプセル

 

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)