手荒れと使用について

手の平は顔に比べて皮脂の分泌量が少なく、角質が堅い場所です。その為乾燥を招きやすく、手荒れを引き起こす、原因となります。
手荒れを引き起こしている時は、手のバリア機能が下がっているので洗剤等を使うと、余計に手荒れが酷くなります。
手荒れになりますとほとんどの人は、ハンドクリームを塗って治そうとします。
もちろんハンドクリームを塗ることも良い方法なのですが、手荒れが治る食事方法も有りますので、体の中から綺麗にしていくのも、一つの方法です。
では、具体的には、どのような食事方法が良いのか?[コラーゲン]
豚肉などに豊富に含まれていて、肌の弾力を保ちます。
また、肌の新陳代謝を活発にします。
[ビタミンA]
動物性食品や緑黄野菜にたくさんに含まれています。
ビタミンAが失われると肌の抵抗力が弱くなります。
肌の抵抗力が弱くなると、肌が乾燥しやすくなります。
[ビタミンB2]
うなぎ、焼き海苔に含まれています。
ひび割れや炎症を
防いでくれるビタミンB2は、積極的に取りましょう。
[ビタミンC]
じゃがいもやレモンに、たくさん含まれています。
ビタミンCはメラニンが作られるのを防いでくれます。[ビタミンE]
かぼちゃに含まれています。
抗酸化作用と血行促進の効果も有ります。
ビタミンは、手荒れに大変効果が有りますので、積極的に食べ物やサプリメントで補うようにします。
注意することは
ビタミンが手荒れに良いからと言って、ビタミンだけを摂取しないで下さい。
ちゃんとバランス良く、栄養を摂取しましょう。
手荒れと言えばハンドクリームを思い浮かべますが、栄養たっぷりの食事で体の中から、ハンドクリームで、体の外から綺麗になりましょう。





【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90