合成界面活性剤が体内に蓄積される危険性

洗剤などに入っている合成界面活性剤が体内に蓄積されるとあらゆる病気を引き起こすと言われています。
そんな合成界面活性剤は私たちの身の回りのシャンプー、石鹸、食器用洗剤などに入っていて、排泄できない分が少しずつ体内に蓄積されていると言われています。
アトピー、抜け毛、腎機能低下など内臓障害、胎児への影響もあると言われています。
軽く考えているととても怖い化学物質なのです。
これほど危険なのに未だに大丈夫だという声もあることが信じられません。
このような合成界面活性剤入りの洗剤を家庭で食べ物や飲料に混ぜて故意に飲ますという悪質な人間もいますので、出来れば取り扱いたくところですね。
健康診断や血液検査に合成界面活性剤などの成分の項目がない為、飲まされていたとしても中々気付けません。
更に合成界面活性剤が体内に蓄積されるとどういった病気を引き起こすかを証明してくれる場所がない為、病気との因果関係立証は困難です。
そういった恐ろしい病気の原因にもなる合成界面活性剤入りの洗剤や石鹸、シャンプーなどがほとんどの家庭に在ることで、脳や内臓などに成分が少なからず蓄積されていってしまいます。
こういった原因で病気になっても、まさか合成界面活性剤が原因だったということは明るみに出ません。
こんな破壊的なものはもういらないということで、うちでは安全なシャボン玉石鹸やマルセイユ石鹸に変えてから体調も良くなり、抜け毛も減り、アトピーも良くなりました。
これは本当のことです。
【おすすめ】
洗剤の影響で皮膚障害、抜け毛が多くなっていた方がここで紹介されているマルセイユ石鹸を使用してから劇的改善しました!

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)